スッポンもどき(鼈モドキ)

【かぎけんWEB】
スッポンとはスッポンモドキ科スッポンモドキ属の亀です。
別名:pitted-shelled、ブタハナガメ(豚鼻亀)、ブタバナガメ

スッポンモドキ スッモンモドキ

スッポンもどき(鼈モドキ、学名:Carettochelys insculpta)は、パプアニューギニアや豪州の浅い川や沼の水底で生活する爬虫綱カメ目スッポンモドキ科スッポンモドキ属のカメです。 本種だけでスッポンモドキ科スッポンモドキ属を構成します。
別名で、「pitted-shelled」と呼ばれるのは、英名の意味そのままで、甲羅に穴が開いているから。ブタハナガメ(豚鼻亀)、ブタバナガメと呼ばれるのは鼻が豚鼻ににていることから。
甲長は55cm程で、背甲がドーム状に盛り上がり、甲板が無く、甲に多数の小穴があります。 食性は植物食性です。
スッポンモドキと呼ばれるようにスッポンと似ています。 両者の似ているところは、カメやワニなどと異なりどちらにも鱗が無い事や卵生であることです。
両者の違いは、 甲長がスッポンは40 cm弱で、スッポンモドキは55cm程なのでスッポンモドキの方がだいぶ大きい。 スッポンの甲羅色は緑色ですが、モドキは灰色や暗黄色をしています。 スッポンの甲羅は柔らかいですが、モドキはもう少し硬いです。 スッポンモドキの甲羅には小穴や皴がたくさんあります。 スッポンは水中でも陸でも過ごせますが、モドキは一生水中で生活します。 スッポンは動物食性が強いですが、モドキは植物食性が強い。 スッポンの四肢は太く頑丈な爪が生えていますが、モドキの四肢はオールのような役目が強く爪と言うより水かき状に成っています。 スッポンは性染色体により予め雌雄が決まっていますが、モドキは孵卵期の土の温度で性別が決まります。 (ある温度以上だと雌、以下だと雄になる。) スッポンは食用とされますが、モドキは危惧種とされ先住民以外の食用は禁止されています。

一般名:スッポンもどき(鼈モドキ)
学名:Carettochelys insculpta
分類名:動物界脊索動物門脊椎動物亜門爬虫綱カメ目スッポンモドキ科スッポンモドキ属
別名:pitted-shelled、ブタハナガメ(豚鼻亀)、ブタバナガメ
生息分布:パプアニューギニアや豪州 生活環境:水底など水中生活
甲長:55cm 甲羅色:灰色、暗黄色、腹甲色:白、頭部色:灰色、鼻孔:豚鼻、 繁殖:卵生、食性:水草が主食で稀に動物食、用途:食用(現地のみ)

■関連ページ
スッポンもどき(鼈モドキ)  東山動物園の爬虫類(2009年10月25日)  熱川バナナワニ園【ixy】(2011年6月19日)  爬虫類図鑑  麹町便り  memo 


スッポンもどき(鼈モドキ)
東山動物園の爬虫類(2009年10月25日)

スッポンモドキ
スッポンもどき(鼈モドキ)
東山動物園の爬虫類(2009年10月25日)


スッポンもどき(鼈モドキ)
熱川バナナワニ園【ixy】(2011年6月19日)

スッモンモドキ
熱川バナナワニ園【ixy】(2011年6月19日)