メヌケ(目抜け)

【かぎけんWEB】
メヌケとはスズキ目メバル科メバル属の大型で赤い深海魚の総称です。
釣られたときに目が飛び出すの目抜けと呼ばれます。

メヌケおかしら

メヌケ メヌケ

メヌケ(目抜け) は、大型で身体が赤く目が大きい スズキ目メバル科メバル属の深海魚の総称です。
目抜けと呼ばれる魚には、コウジンメヌケや、サンゴメヌケやバラメヌケなどがあります。
主に、煮付けで食べますが美味しい白身の魚です。 近年では養殖モノが多く出回っています。

一般名:メヌケ(目抜け)
学名:Sebastes
別名:Beryciformes
分類名:動物界脊索動物門脊椎動物亜門条鰭綱スズキ目メバル科メバル属
全長:40〜60cm 体表色:赤 体形:側扁  特徴:目が大きい、深海魚の総称  食用の可否:可 身色:白身魚 料理方法:煮つけ 味:美味 

■関連ページ
メヌケ(目抜け)  海水魚図鑑  使用前・使用後物語  麹町便り  memo 


メヌケ(目抜け)

メヌケ
加熱前

メヌケ

加熱後
メヌケ(目抜け)カマ、2015年5月8日