ポンカン(椪柑、凸柑)

【かぎけんWEB】
ポンカンはミカン目ミカン科ミカン属の果物及び樹木のことをいいます。

ポンカン ポンカン ポンカン ポンカン ポンカン

ポンカン(椪柑、凸柑)は、インド原産のミカン目ミカン科ミカン属の柑橘類です。 果梗部(頸部)が凸(突き出て)、果頂部(臀部)が凹(へこんで)おり、ヘタに放射状の溝があります。ポンカンという名前は、原産地インドの都市Poona(ポーナ)と柑橘の柑からの合成語のようです。 果実はミカン程の大きさで、皮は橙色をしており、果肉は多汁で香があり、甘酸っぱく美味しいです。 外皮を剥いて、果肉を包む白い内皮と袋(じょうのう)は柔らかく渋みがないのでそのまま食べられます。ポンカンの収穫は12月に行い、その後、1ヶ月ほど予措(よそう)処理を行ないます。これは皮に含まれる水分の調整を行って腐敗防止に備え、追熟して食べ頃になる時期を待ってから出荷するためです。 日本では、鹿児島、愛媛、熊本、高地、大分など、九州と四国で作られます。 果実が角張って腰高で大玉の高梢(こうしょう)系と、蜜柑のように平べったく小玉で味が濃厚な低梢系の2系統があります。

一般名:ポンカン(椪柑)
学名:Citrus reticulata
別名:-
分類名:植物界被子植物綱双子葉植物綱ミカン目ミカン科ミカン属
原産地:インド
分布:日本、中国、東南アジアなど温暖地方で水捌けの良い場所
樹高:2m 花色:白、紅 果皮色:橙 収穫期:12月 出荷時期:1月 

■関連ページ
ポンカン(椪柑、凸柑)  果物図鑑  ハ行の花図鑑  花図鑑  樹木図鑑    memo 


立目ポンカン


ポンカン
以前ほどではありませんが、果梗部(頸部)が心持ち凸(突き出て)おり、ヘタに放射状の溝があります。

ポンカン
果頂部(臀部)が凹(へこんで)います。

ポンカン
立目ポンカン、高知県のブランドです。
2009年1月21日、和代様から頂き物

ポンカン ポンカン
2011年1月18日、和代様から頂き物

?