フェスツカ・グラウカ<ウシノケグサ属<イネ科<イネ目

フェスツカ・グラウカ(Festuca glauca)

フェスツカ・グラウカは、イネ目イネ科ウシノケグサ属の多年草です。
別名:ウシノケグサ(牛毛草)、ギンシンソウ(銀針草)

フェスツカ フェスツカ フェスツカ

フェスツカ (Festuca)は、草丈が低く葉が線状をしたイネ目イネ科ウシノケグサ属の常緑性多年草です。 このフェスツカ・グラウカ(Festuca glauca)は、フェスツカ(Festuca)の寒地型芝草として育種された園芸品種なので耐寒性があり、また、乾燥気味で痩せた土地を好みます。 銀青色(青灰色)の針のような葉を持ち、こんもり半球状に盛り上がります。 夏になると花茎が伸びてきます。 繁殖は、播種や株分で増やします。 用途としては、ロックガーデンや寄せ植え、花壇の縁取りに使われます。

一般名:フェスツカ・グラウカ(Festuca glauca)
学名:Festuca ovina
別名:ウシノケグサ(牛毛草)、ギンシンソウ(銀針草)
分類名:植物界被子植物門単子葉植物綱イネ目イネ科ウシノケグサ属
原産地:アジア、ヨ−ロッパ
草丈:15〜30cm 草の広がり:20〜50cm 葉色:銀青色

■関連ページ
フェスツカ・グラウカ(Festuca glauca)  新宿御苑の花(2003年4月)  ハ行の花図鑑  花暦


フェスツカ
フェスツカ
フェスツカ

フェスツカ・グラウカ(Festuca glauca)
新宿御苑で、2003年4月撮影