フランスギク(France菊)

【かぎけんWEB】
ハマギクとはヨーロッパ原産でキク目キク科フランスギク属の多年性帰化植物です。

花図鑑をリニューアルしました。
上記リンクにてアクセスできます。

別名:

フランスギク フランスギク

フランスギク(France菊)とは、ヨーロッパ原産で、マーガレットに似た花を咲かせるキク目キク科フランスギク属の多年性帰化植物です。

マーガレットとフランスギクの違い
マーガレットの葉はコスモスのような羽状であるのに対し、フランスギクの葉へら状をしています。

一般名:フランスギク(France菊)
学名:Leucanthemum vulgare
分類名:植物界被子植物真正双子葉類キク目キク科フランスギク属
別名:
原産地:ヨーロッパ 
草丈:30〜80cm 
茎:直立
根元の葉形:根生葉 茎葉形:ヘラ形で基部では少し茎を抱く 茎葉長:8cm 葉縁:鋸歯有 葉の付き方:互生 葉色:緑 
花序:頭状花 頭花径:5〜6cm 花色:白(舌状花:外側のヒラヒラ)と黄(筒状花:芯部にある盛上がった花) 筒状花:両性花 舌状花:雌性花 開花期:6〜7月 花弁数:多数 
総苞形:皿形 総苞片形:長楕円形 総苞片数:3〜4列 
用途:庭植え、道端、空き地

■関連ページ
フランスギク(France菊)  木場公園(2004年6月27日) ハ行の花図鑑  花暦2002年  花暦  戻る


ハマギク

フランスギク フランスギク
フランスギク(France菊)
木場公園(2004年6月27日)