ギボウシ(擬宝珠)

【かぎけんWEB】
ギボウシとは、蕾が建築物の装飾「擬宝珠」に似ていることから命名されました。

花図鑑をリニューアルしました。
上記リンクにてアクセスできます。

ギボウシの種類には、葉の大きな「オオバギボウシ(大葉擬宝珠)」、 葉の小さな「小葉擬宝珠(コバギボウシ)」、斑入り「アルボ・マルギナータ」等があります。

ギボウシ
●ギボウシ


ギボウシ(擬宝珠) ギボウシ(擬宝珠) ギボウシ(擬宝珠)


ギボウシ(擬宝珠) ギボウシ(擬宝珠)
小田原民家


ウルイ
ウルイ


ギボウシ(擬宝珠) とは、初夏に花茎に多数の白または紫系の小百合のような花を咲かせる ユリ目ユリ科ギボウシ属の耐寒性多年草です。 花名は伝統的な建築物の装飾であるギボウシ(擬宝珠)に花の蕾が似ていることから付けられました。 昼咲きの一日花が多いです。葉に斑入りのものもあり、観葉植物としても美しいです。 葉や花の感じが落ち着いており和風庭園に似合います。

一般名:ギボウシ(擬宝珠)
学名:Hosta Hybrids
別名:ホスタ(Hosta)
分類名:植物界被子植物門単子葉植物網ユリ目ユリ科(=リュウゼツラン科)ギボウシ属
葉色:緑・黄(斑入り)・黄緑・白(斑入り) 観賞期:3〜10月

●小葉擬宝珠(コバギボウシ)
花茎高:30〜50cm 葉長:10〜20cm 葉幅:5〜8cm
花長:5cm 花色:淡紫・濃紫 開花期:6〜8月

●アルボ・マルギナータ'('Albo-marginata')
学名:Hosta albo-marginata (Hook.) Ohwi
別名:ホスタ・アルボ・マルギナータ'(Hosta albo-marginata)
葉色:薄黄緑地に白色斑入り

●大葉擬宝珠(オオバギボウシ)
学名:Hosta montana(Hosta sieboldiana var. gigantea)  分類名:植物界被子植物門単子葉植物綱ユリ目ユリ科ギボウシ属  別名:Plantain lily  原産地:東アジア  分布:北海道〜本州〜四国・九州までの日本 環境:山間の湿地、山地の草原、林縁などの日影  花茎高:50〜100cm 花長:5cm  花色:白・淡紫 開花期:6〜8月 花形:漏斗状  葉柄長:30cm 葉長:50〜90cm 葉幅:10〜15cm  葉形:卵状長楕円形で深い縞が多数
オオバギボウシ(大葉擬宝珠)のページ 

■関連ページ
浜名湖花博#20 ギボウシ(擬宝珠)  花博の花#129擬宝珠 'アルボ・マルギナータ'('Albo-marginata') 7月の花#1(2002年)  擬宝珠 'アルボ・マルギナータ'('Albo-marginata') 
オオバギボウシ(大葉擬宝珠)  ア行の花図鑑  花図鑑  野草図鑑  花暦 
花暦2008年  麹町便り  memo 


ギボウシ

ギボウシ
ギボウシ(擬宝珠)
プラザ元加賀で、2002年7月8日

ギボウシ(擬宝珠)
ギボウシ(擬宝珠)
斑入りギボウシ(擬宝珠)
7月に西会津で


斑入りギボウシ


ギボウシ(擬宝珠)

ギボウシ(擬宝珠)斑入り
浜名湖花博で、2004年4月


ギボウシ(擬宝珠)
ギボウシ(擬宝珠)
ギボウシ(擬宝珠)
ギボウシ(擬宝珠)

花博の花#129ギボウシ(擬宝珠) 'アルボ・マルギナータ'('Albo-marginata')
葉色が薄黄緑地に白い斑入り 浜名湖花博で、2004年4月11日


オオバギボウシ

葉っぱが大きい オオバギボウシ(大葉擬宝珠)

オオバギボウシ(大葉擬宝珠) オオバギボウシ(大葉擬宝珠)
オオバギボウシ(大葉擬宝珠)
日光植物園で、2008年5月25日

野菜として

ウルイ
ウルイとは、バギボウシの若葉を摘んでだもので野菜となります。
2013年1月26日、スーパーで購入