ギンネム(銀合歓)

【かぎけんWEB】
ギンネムとは、マメ目マメ科ネムノキ亜科ギンゴウカン属の常緑低木です。

花図鑑をリニューアルしました。
上記リンクにてアクセスできます。

ネムノキの白花版みたい。別名:ギンゴウカン(銀合歓)

ギンネム(銀合歓) ギンネム(銀合歓)

ギンネム(銀合歓) は、南米からの帰化植物で、マメ科ネムノキ亜科ギンゴウカン属の常緑低木です。 初夏に白っぽい(薄黄緑色)の雄しべを多数集合させて、白い半球状に見える花を咲かせます。 夜になると、葉を合わせて眠るように閉じます。 マメ科の植物ですが、マメ科特有の蝶形の花は咲かせません。 葉は偶数二回羽状複葉で互生します。 似た花に、桃色の花を咲かせるネムノキ(合歓木)があります。

一般名:ギンネム(銀合歓)
学名:Leucaena leucocephala
別名:ギンゴウカン(銀合歓)、White Popinac、Leucaena、Faux mimosa
分類名:マメ科ネムノキ亜科ギンゴウカン属
原産地:メキシコ
樹高:5〜7m 花色:白 花序径:5cm 開花期:3〜10月 葉色:緑   樹形:逆傘形 樹皮:灰褐色 果実形:楕円形 種子形:楕円形 種子色:褐色

■関連ページ
ギンネム(銀合歓)  8月の花(竹富島、2006年)  花暦  カ行の花図鑑 


ギンネム(銀合歓)

ギンネム ギンネム
ギンネム(銀合歓)
2006年8月9日、竹富島(沖縄)