グンナイフウロ(郡内風露)

【かぎけんWEB】
グンナイフウロとは、フウロソウ目フウロソウ科フウロソウ属グンナイフウロ種の高山植物です。

花図鑑をリニューアルしました。
上記リンクにてアクセスできます。


グンナイフウロ グンナイフウロ(郡内風露)

グンナイフウロ は、夏、北海道〜中部地方の高山の草地に白〜紅紫色の五弁花を横向きに 咲かせるフウロソウ目フウロソウ科フウロソウ属グンナイフウロ種の多年草の高山植物です。
伊吹山で咲いているものが有名で、別名をイブキグンナイフウロ(伊吹郡内風露)と呼ばれます。

一般名:グンナイフウロ(郡内風露)
学名:Geranium eriostemonvar. reinii
分類名:植物界被子植物門双子葉植物綱フウロソウ目フウロソウ科フウロソウ属グンナイフウロ種
別名:イブキグンナイフウロ(伊吹郡内風露)
原産地:北海道〜中部地方の日本 環境:高山の草地
草丈:30〜50cm 茎:有毛 葉柄:長い  葉色:緑 葉縁:掌状に5〜7深裂し裂片は更に3浅裂する。  開花期:6〜8月 花向き:横向きに咲く  花色:白・薄桃色・紅紫色 花序形:集散花序  花冠径:2.5〜3cm 花弁数:5枚 雄蕊数:10個  果実形:刮ハ 

■関連ページ
グンナイフウロ(郡内風露)  ハクサンフウロ(白山風露)  東館山高山植物園(2012年7月15日)  アメリカフウロ(亜米利加風露)  ア行の花図鑑  高山植物図鑑  野草図鑑 


東館山高山植物園園


グンナイフウロ
辛うじて残ってた花

グンナイフウロ

グンナイフウロ(郡内風露)
東館山高山植物園で、2012年7月15日