ハマゴウ(浜栲)

【かぎけんWEB】
ハマゴウとはシソ目シソ科ハマゴウ属の小低木です。

花図鑑をリニューアルしました。
上記リンクにてアクセスできます。

別名:ハマハイ(浜這)

ハマゴウ1(浜栲) ハマゴウ2(浜栲) ハマゴウ1(浜栲) ハマゴウ4(浜栲) ハマゴウ(浜栲) ハマゴウ7(浜栲) ハマゴウ8(浜栲) ハマゴウ6(浜栲) ハマゴウ(浜栲) ハマゴウ(浜栲) ハマゴウ(浜栲) ハマゴウ(浜栲) ハマゴウ(浜栲)
ハマゴウ(浜栲) とは、夏、海岸の砂地や岩場の後背地で群生する シソ目シソ科ハマゴウ属の常緑小低木です。
這うように伸びた枝先に円錐花序に紫色の小花を多数付けます。 葉は、楕円形で葉縁は全縁で、枝と共に芳香があります。 花冠は上下に分かれた口唇形で、上唇は2裂し、下唇は3裂します。 4本の雄シベと、柱頭が2裂した一本の雌シベは共に長く、花から外に飛び出ています。 花後に成る果実からはマンケイシと呼ばれる生薬が作られます。

一般名:ハマゴウ(浜栲)
学名:Vitex rotundifolia L.
分類:植物界被子植物門双子葉植物綱シソ目シソ科ハマゴウ属
別名:ハマハイ(浜這)
分布:東〜東南アジア、豪州 生息地:海岸砂浜
樹高:30〜60cm 開花期:8〜10月 花色:紫 
花形:口唇形 上唇:2裂 下唇:3裂 
雄蕊数:4本 雌蕊数:1本 花冠長:1.5cm 
葉色:緑 葉縁:全縁

■関連ページ
ハマゴウ(浜栲)  城ケ崎釣り(2009年8月23日)  城ケ崎釣り(2008年8月31日)  momory(沖縄、2013年8月14日)  ハ行の花図鑑  野草図鑑 


城ヶ崎自然遊歩道


ハマゴウ(浜栲)
ハマゴウ(浜栲)

ハマゴウ(浜栲)
城ヶ崎自然遊歩道で、2009年8月23日
城ケ崎釣り(2009年8月23日)のページ


ハマゴウ(浜栲)
ハマゴウ(浜栲)
ハマゴウ(浜栲)
ハマゴウ(浜栲)
ハマゴウ(浜栲)
ハマゴウ(浜栲)
ハマゴウ(浜栲)
ハマゴウ(浜栲)

ハマゴウ(浜栲)
城ヶ崎自然遊歩道で、2008年8月31日
城ケ崎釣り(2008年8月31日)のページ


万座毛で

ハマゴウ(浜栲) ハマゴウ(浜栲) ハマゴウ(浜栲)
万座毛

ハマゴウ(浜栲)
万座毛(沖縄)で、2013年8月14日