ハナトラノオ(花虎尾)

【かぎけんWEB】
ハナトラノオとは、シソ目シソ科ハナトラノオ属の宿根草です。

花図鑑をリニューアルしました。 上記リンクにてアクセスできます。

別名:カクトラノオ(角虎の尾)、フィソステギア(Physostegia)

ハナトラノオ(花虎尾) ハナトラノオ(花虎尾) ハナトラノオ ハナトラノオ ハナトラノオ(花虎尾)

ハナトラノオ(花虎尾)は、梅雨時〜初秋、花穂の下方から小さな唇形の花を咲かせるシソ目シソ科ハナトラノオ属の宿根草です。 花色は一般的に桃色が多いですが、薄紫や白、赤紫もあります。 茎は四角張っていて触れたら痛そうです。 ハナトラノオ(花虎尾)という名前は花穂の姿が虎の尻尾のように見えるということから付けられました。

一般名:ハナトラノオ(花虎尾)
学名:Physostegia virginiana
別名:カクトラノオ(角虎の尾)、フィソステギア(Physostegia)
分類名:植物界被子植物門双子葉植物綱シソ目シソ科ハナトラノオ属(フィソステギア属)
原産地:アメリカ中・南部、メキシコ北部
花色:桃・薄紫・白・赤紫 花期:6〜9月

■関連ページ
ハナトラノオ(花虎尾)  8月の花#3(2002年)  城ヶ崎釣り(2012年9月22日)  ハ行の花図鑑  花暦2002  花暦 


ハナトラノオ(花虎尾)
ハナトラノオ(花虎尾)
ハナトラノオ(花虎尾)

ハナトラノオ(花虎尾)
木場公園で、2002年8月24日


ハナトラノオ
ハナトラノオ

ハナトラノオ(花虎尾)
城ヶ崎海岸で、2012年9月22日