ホソバカナワラビ<カナワラビ属<オシダ科<シダ綱

ホソバカナワラビ(細葉金蕨)

ホソバカナワラビとは、オシダ科カナワラビ属の常緑シダ植物です。
別名:オコゼシダ

ホソバカナワラビ(細葉金蕨) ホソバカナワラビ(細葉金蕨) ホソバカナワラビ(細葉金蕨) ホソバカナワラビ(細葉金蕨)

ホソバカナワラビ(細葉金蕨)は、オシダ科カナワラビ属の常緑シダ植物です。 関東以西の林床で暗く落葉のある多少乾燥した場所に群生します。 葉は緑色で硬質、葉表には光沢があります。3回羽状複葉で葉縁は深裂します。 葉の一番先端部にはいわゆる頂羽片(ちょううへん)があります。 繁殖を根茎で行うので、他のシダに比べて葉裏に胞子嚢を持つものは少ない。

●関連ページ
ホソバカナワラビ(細葉金蕨)  城ヶ崎釣り(2012年4月7日)  城ヶ崎(2008年5月31日)  ハ行の花図鑑  花暦 

一般名:ホソバカナワラビ(細葉金蕨)
学名:Arachniodes aristata Ohwi
分類名:植物界シダ植物門シダ綱オシダ科カナワラビ属
別名:オコゼシダ
原産地:関東以西の日本 環境:林床
生活型:常緑シダ植物 草丈:50cm  葉色:緑 葉質:硬質で光沢あり 葉形:3回羽状複葉 葉縁:深裂  胞子嚢:少 


ホソバカナワラビ(細葉金蕨)
ホソバカナワラビ(細葉金蕨)

ホソバカナワラビ(細葉金蕨)
城ヶ崎海岸で、2012年4月7日)


ホソバカナワラビ(細葉金蕨)
ホソバカナワラビ(細葉金蕨)

ホソバカナワラビ(細葉金蕨)
城ヶ崎海岸で、2010年4月18日