キランソウ(綺欄草)

【かぎけんWEB】
キランソウとはシソ科キランソウ属の常緑多年草です。

花図鑑をリニューアルしました。
上記リンクにてアクセスできます。

別名:ジゴクノカマノフタ(地獄の釜の蓋)、イシャコロシ(医者殺し)、Ajuga decumbens
キランソウ(綺欄草、学名:Ajuga decumbens)は、日本、朝鮮半島、中国原産で、シソ科アジュガ属の這性・耐寒性の常緑多年草です。春に、唇形をした紫色の小花を咲かします。根生葉はロゼット状をしており地面を這うように生えます。「筋骨草」という生薬としても知られ、別名でジゴクノカマノフタ(地獄の釜の蓋)、イシャコロシ(医者殺し)とも呼ばれます。似た花に、同じシソ科のジュウニヒトエ(十二単)や、園芸種のセイヨウキランソウ(西洋綺欄草)と呼ばれる?アジュガ(Ajuga)があります。

一般名:キランソウ(綺欄草、金瘡小草)、学名:Ajuga decumbens、別名:ジゴクノカマノフタ(地獄の釜の蓋)、イシャコロシ(医者殺し)、Ajuga decumbens、分類名:植物界被子植物真正双子葉類シソ目シソ科キランソウ属キランソウ種、原産地:日本、朝鮮半島、中国、生息地:道端、草丈:10?30cm、葉色:光沢のある深緑、葉形:倒披針形、葉縁:波状鋸歯、花色:紫、花形:唇形、花径:1cm、開花期:4月?5月。

■関連ページ
キランソウ(綺欄草)  花博の花#150(2004年4月)  カ行の花 

画像準備中