コエビソウ(小海老草)

【かぎけんWEB】
コエビソウとはキツネノマゴ科ジャスティシア属の熱帯性植物です。

花図鑑をリニューアルしました。
上記リンクにてアクセスできます。

別名:ベロペロネ(Beloperone)、ベロペロネ・グッタタ(Beloperone guttata)、 False Hop 、Shrimp Bush(シュリンプ・ブッシュ)

コエビソウ コエビソウ コエビソウ コエビソウ(小海老草) コエビソウ(小海老草) コエビソウ(小海老草) コエビソウ(小海老草) コエビソウ(小海老草) コエビソウ(小海老草)

コエビソウ(小海老草) は、赤褐色や黄褐色の花のように見える重なり合った苞を、小海老に見立てて名付けられた熱帯性・半耐寒性常緑低木です。 花のように見える苞が小海老のようだと名づけられました。 実際の花は苞の間から出ている小さな唇形をした白花です。 花の下唇には紫色の班があります。(小海老)草と呼ばれますが、実際には木(低木)です。 常緑で、長期間、花(苞)が咲くので、鉢植えの観葉植物や、切り花として珍重されます。

一般名:コエビソウ(小海老草)
学名:Justicia brandegeana Wassh. et L.B.Sm. (=Beloperone guttata)
別名:ベロペロネ(Beloperone)、ベロペロネ・グッタタ(Beloperone guttata)、False Hop 、Shrimp Bush(シュリンプ・ブッシュ)
分類名:キツネノマゴ科ジャスティシア属(コエビソウ属)
原産地:メキシコ
樹高:50〜150cm 花色:白 苞色:緑・茶・赤褐色・黄褐色 花序高:7〜10cm
開花期:5〜11月 葉の付き方:対生 葉形:卵形

■関連ページ
コエビソウ(小海老草)  花博の花#162 コエビソウ(小海老草)  新宿御苑温室(2001年12月)  カ行の花図鑑  花暦 


●コエビソウ

●東京都薬用植物園

コエビソウ コエビソウ コエビソウ
コエビソウ(小海老草)
東京都薬用植物園(2009年3月8日)


コエビソウ(小海老草)
コエビソウ(小海老草)
コエビソウ(小海老草)

コエビソウ(小海老草)
白いのが花で、赤褐色や黄褐色をしたものは苞です。
新宿御苑温室、2001年12月


●錦糸町


コエビソウ(小海老草)
コエビソウ(小海老草)
コエビソウ(小海老草)

コエビソウ(小海老草)
2005年6月5日、錦糸町


コエビソウ(小海老草)
コエビソウ(小海老草)
コエビソウ(小海老草)

班入りコエビソウ(小海老草)
葉に斑入り
2004年、浜松花博