マタタビ

【かぎけんWEB】
マタタビとは、ツバキ目マタタビ科マタタビ属の ツル性木本及びその果実のことです。

花図鑑をリニューアルしました。 上記リンクにてアクセスできます。

別名:モクテンリョウ(木天蓼)、夏梅、silvervine

マタタビ

マタタビ とは、ツバキ目マタタビ科マタタビ属の落葉ツル性木本とその果実のことです。

■関連ページ
マタタビ  果物図鑑  木の実・草の実図鑑  デザート図鑑  旬図鑑  花暦 

一般名:マタタビ
学名:Actinidia polygama
別名:モクテンリョウ(木天蓼)、夏梅、silvervine
分類名:植物界被子植物門双子葉植物綱ツバキ目マタタビ科マタタビ属
生息分布:北海等〜九州 生活環境:山地
生活型:落葉ツル性木本
樹高:cm〜 
葉形:楕円形 葉の付き方:互生 葉柄:有り 葉縁:鋸歯有り
開花期:6〜7月 花色:白 花径:2cm 
果実形:長楕円形出先は尖る 果実長:3cm 成実期:8〜9月 果実色:緑 
用途:果実を生食、マタタビ酒 果実味:辛い
備考:キウィと同科、白化した葉がハンゲショウ に似ている


●マタタビの加工品

マタタビ
マタタビの実のドライフルーツ、そのまま食べられます。
2014年1月12日