ミヤマクロスゲ(深山黒菅)

【かぎけんWEB】
ミヤマクロスゲとはイネ目カヤツリグサ科スゲ属の多年草です。

花図鑑をリニューアルしました。
上記リンクにてアクセスできます。


ミヤマクロスゲ9  カヤツリグサ科-ミヤマクロスゲ5 ミヤマクロスゲ6

ミヤマクロスゲ(深山黒菅)とは、日本原産で北海道〜本種中部以北の高山の草地や砂礫地に自生する イネ目カヤツリグサ科スゲ属の多年草の高山植物です。
草丈は10〜20cmで葉は細い線形で互生して付きます。 夏、3花〜5花から成る小穂(apikelet, spicule)を単位とする複穂状花序(compound spike)を咲かせます。

一般名:ミヤマクロスゲ(深山黒菅)
学名:Carex flavocuspis
分類名:植物界被子植物門単子葉植物綱イネ目カヤツリグサ科スゲ属
原産地:日本
生息地:北海道〜本種中部以北 生活環境:高山の草地や砂礫地
生活型:高山性多年草
株:雌雄同種 
草丈:10〜20cm 
葉:線形で撓む 葉幅:0.5cm 葉の付き方:互生 
花序形:複穂状花序(小穂:3花〜5花からなる) 花穂色:黒紫色 花色:白 開花期:7〜8月 

■関連ページ
ミヤマクロスゲ(深山黒菅)  室堂の高山植物(2014年7月19-21日)  マ行の花図鑑  野草図鑑  花暦 


ミヤマクロスゲ(深山黒菅)

ミヤマクロスゲ9  カヤツリグサ科-ミヤマクロスゲ5 ミヤマクロスゲ6
ミヤマクロスゲ(深山黒菅)
室堂で、2014年7月19日