モミジバフウ(紅葉葉楓)

【かぎけんWEB】
モミジバフウとはユキノシタ目フウ科フウ属の落葉高木です。

花図鑑をリニューアルしました。
上記リンクにてアクセスできます。

別名:アメリカフウ、American Sweetgum

モミジバフウ葉 モミジバフウ果実 モミジバフウ果実多数 モミジバフウ樹幹 モミジバフウ

モミジバフウ(紅葉葉楓)とは、北米原産のユキノシタ目フウ科フウ属の落葉高木です。

●フウ属は2つ
2つあるフウ属の1つでアメリカフウとも呼ばれ、葉は掌状をしています。 もう1つは三角形の葉型をした、いわゆる「フウ」で、別名タイワンフウとも呼ばれます。

●似ている木フウとカエデは似ています。フウと カエデ(楓) は共に落葉高木であり、秋に紅葉します。では、どのように見わけるのでしょう。

●フウとカエデの違い
フウはユキノシタ目フウ科フウ属、カエデはムクロジ目ムクロジ科カエデ属の樹木です。
フウの葉の付き方は互生ですが、カエデは対生に付きます。
フウの果実は球形の集合果実ですが、カエデは翼のついたプロペラ状をしています。

一般名:モミジバフウ(紅葉葉楓)
学名:Liquidambar styraciflua
別名:アメリカフウ、American Sweetgum
分類名:植物界被子植物門双子葉植物綱ユキノシタ目フウ科フウ属
原産地:北米中南部 生活環境:多湿地
生活型:落葉高木 
樹皮:薄褐色で縦に浅く裂ける
枝:若枝にはニシキギのような白灰色をしたコルク質の翼がある
葉形:5〜7裂の掌状 葉の付き方:互生・束生 葉縁:細かい鋸歯在り 葉色:緑→紅葉(秋)
花の付き方:雌花と雄花が独立した頭状花をつける。雌花の花序は球形で垂下する。
果実タイプ:集合果 果実形:球形 果実色:緑→茶色(秋)
用途:公園樹・街路樹

■関連ページ
モミジバフウ(紅葉葉楓)  深大寺植物園part2木の実(2016年6月5日)  カエデ(楓)  2011年元旦  マ行の花図鑑  樹木図鑑  花暦 


モミジバフウの木

モミジバフウ葉 モミジバフウ果実 モミジバフウ果実多数 モミジバフウ樹幹
葉が掌状に裂けるモミジバフウ
木場公園、2011年元旦の


モミジバフウの果実

モミジバフウの実
モミジバフウの果実
深大寺植物園、2016年6月5日