カエデ(楓)

【かぎけんWEB】
カエデは、ムクロジ目カエデ科カエデ属の落葉高木です。
別名:Maple tree(メープル・ツリー)

カエデ(楓) カエデ(楓) カエデ(楓) カエデ(楓) カエデ(楓) カエデ(楓)

カエデ(楓) は、葉が秋に紅葉するムクロジ目カエデ科カエデ属の落葉高木です。 葉は子供の掌形のような切れ込みがあり、対生につきます。 花は小さいです。 カエデの種類には、イロハモミジやヤマモミジ、イタヤカエデなどがあります。 カエデ属には、アサノハカエデ節やイタヤカエデ節、イロハカエデ節、ウリカエデ節、 オガラバナ節、カジカエデ節 、コブカエデ節、カラコギカエデ節、チドリノキ節、 テツカエデ節、トウカエデ節、ヒトツバカエデ節、ミツデカエデ節、ハナノキ節、 メグスリノキ節、等があります。 日光のイロハ坂や京都の紅葉が人気です。
カエデ属サトウカエデ種で、カナダ国旗にもなっているサトウカエデ(砂糖楓、学名:Acer saccharum、英名:Sugar maple)からは、 メープルシロップが採れます。

似ている木にフウがあります。モミジバフウ(紅葉葉楓) と カエデ(楓) は共に落葉高木であり、秋に紅葉します。では、どのように見わけるのでしょう。

フウとカエデの違い
フウはフウ科フウ属、カエデはムクロジ目ムクロジ科カエデ属の樹木です。 フウの葉は互生につくのに対し、カエデは対生に付きます。 フウの果実は球形の集合果実に対し、カエデは翼のついたプロペラ状をしています。

一般名:カエデ(楓)
学名:Aceraceae L.
別名:Maple tree(メープル・ツリー)
分類名:植物界被子植物門双子葉植物綱ムクロジ目カエデ科カエデ属
生活型:落葉高木 
葉形:掌状 葉の付き方:対生

■関連ページ
カエデ(楓)  モミジバフウ(紅葉葉楓)  京都(2006年11月) 


東福寺通天橋(京都)

カエデ(楓) カエデ(楓) カエデ(楓) 紅葉したカエデ(楓)
東福寺通天橋(京都)で、2006年11月11日


京都寂光院付近の茶屋

カエデ(楓) カエデ(楓) カエデ(楓) 紅葉したカエデ(楓)
京都寂光院付近の茶屋で、2006年11月11日