オオキバナカタバミ(大黄花片喰)

【かぎけんWEB】
オオキバナカタバミとは、カタバミ科カタバミ属の多年草です。

花図鑑をリニューアルしました。
上記リンクにてアクセスできます。

別名:セルヌア・ペス-カプラエ

オオキバナカタバミ(大黄花片喰) オオキバナカタバミ(大黄花片喰)

オオキバナカタバミ(大黄花片喰)とは、春〜秋、カタバミ(片喰)によく似た黄色い花を咲かせるカタバミ科カタバミ属の多年草です。葉は根生葉だけで緑色地に紫褐色の斑点が点在します。 オオキバナカタバミとカタバミの異なる点は、オオキバナカタバミの葉には紫色の斑点があること、葉が地面から生える根生葉であること、花径が大きいことです。

一般名:オオキバナカタバミ(大黄花片喰)
学名:Oxalls pes-caprae
別名:Buttercup oxalis、Bermuda buttercup、キイロハナカタバミ、オキザリス・セルヌア、オキザリス・ペスカプラエ
分類名:植物界被子植物門真正双子葉類カタバミ目カタバミ科カタバミ属オオキバナカタバミ種
原産地:南アフリカ
草丈:15〜30cm
根生葉 葉形:3出複葉 葉色:緑地に紫褐色の斑点が点在 小葉形:倒心臓形
放射相称花 散形花序 花径:3〜4cm 花冠径:五弁花 花弁数:5 花色:黄 開花期:4〜9月
果実タイプ:刮ハ 

■関連ページ
オオキバナカタバミ(大黄花片喰)  カタバミ(片喰)  3月の花(2008年)  ア行の花  花暦2003年  花暦

一般名:オオキバナカタバミ(大黄花片喰)
学名:Oxalls pes-caprae(Oxalls pes-caprae)
別名:セルヌア・ペス-カプラエ
科属名:カタバミ科カタバミ属
原産地:南アフリカ
草丈:15〜30cm 花径:0.8〜1cm 花色:黄 開花期:4〜9月 葉色:緑

■カタバミ属の花

◇オキザリス・ボーウィ(Oxalis bowiei)
 花茎を伸ばした茎先に桃色の大輪の花を咲かせる
オキザリスの定番です。葉は、緑色で三つ葉形をしています。
◇オキザリス・トライアングラリス(Oxalis triangularis)
 葉色が紫色のレグネリー種(南米)
◇オキザリス・バーシカラー(Oxalis versicolor)
 蕾が赤白斑模様のベルシコロル種
他に、カタバミ(片喰)、 オオキバナカタバミ( 大黄花片喰)、 アカカタバミ(赤片喰)、イモカタバミ(芋片喰)、 コミヤマカタバミ(小深山片喰)、ムラサキカタバミ(紫片喰)

●オオキバナカタバミ(大黄花片喰)


オオキバナカタバミ(大黄花片喰)
オオキバナカタバミ(大黄花片喰)

オオキバナカタバミ(大黄花片喰)
2008年3月、プラザ元加賀で


オオキバナカタバミ(大黄花片喰)
オオキバナカタバミ(大黄花片喰)
オオキバナカタバミ(大黄花片喰)
オオキバナカタバミ(大黄花片喰)
オオキバナカタバミ(大黄花片喰)
オオキバナカタバミ(大黄花片喰)
江東区白河街路で、2005年4月3日
葉に斑点があります。


オオキバナカタバミ(大黄花片喰)
オオキバナカタバミ(大黄花片喰)
オオキバナカタバミ(大黄花片喰)
オオキバナカタバミ(大黄花片喰)
オオキバナカタバミ(大黄花片喰)
2007年4月1日、プラザ元加賀で


オオキバナカタバミ(大黄花片喰)
オオキバナカタバミ(大黄花片喰)
江東区白河街路で、2005年4月3日