サンシュユ(山茱萸)

【かぎけんWEB】
サンシュユとは春に黄花を咲かせ秋に赤い実をつける薬草となるミズキ科サンシュユ属の 小高木です。

花図鑑をリニューアルしました。
上記リンクにてアクセスできます。

別名:ハルコガネバナ(春黄金花)、野春桂、アキサンゴ(秋珊瑚)、 Japanese cornel(ジャパニーズ・コーネル)

サンシュユ(山茱萸) サンシュユ(山茱萸) サンシュユ(山茱萸) サンシュユ サンシュユ サンシュユ(山茱萸) サンシュユ(山茱萸)

サンシュユ(山茱萸)とは、早春に黄色い小花を20〜30個集合して散形花序に咲かせ、 秋に珊瑚のような赤い果実を多数つけるミズキ目ミズキ科サンシュユ属の耐寒性落葉広葉中木です。
葉が出る前に花が咲きますが、四弁花で外側に巻くように咲きます。 江戸時代に薬用植物として中国や朝鮮から渡来した植物で、 果肉に含まれるイリドイド配糖体等の成分が滋養強壮の効果があるとして漢方薬に配合されています。 名前は、渡来した時の薬名「山茱萸(さんしゅば)」をそのまま和音読みしたものです。

一般名:サンシュユ(山茱萸)
学名:Cornus officinalis
別名:ハルコガネバナ(春黄金花)、野春桂、アキサンゴ(秋珊瑚)、Japanese cornel(ジャパニーズ・コーネル)
分類名:植物界被子植物真正双子葉植物類ミズキ目ミズキ科サンシュユ属
原産国:中国、朝鮮
分布:東北以南の日本 環境:湿地
樹高:2〜5m 
葉形:卵状楕円形 葉長:4〜10cm 葉縁:全縁 葉裏:全面に白毛 
開花期:3月〜4月 花色:黄色 花弁数:4枚 花序形:散形花序 花径:0.5〜1cm 
果実色:赤 果実形:楕円形 果実長:1〜2cm 結実期:10〜12月

■関連ページ
サンシュユ(山茱萸)  東京都薬用植物園(2009年3月8日)  12月の花(2002年)  ア行の花図鑑  サ行の花図鑑  樹木図鑑  果物・果実図鑑  花暦2002年  花暦


東京都薬用植物園

サンシュユ(山茱萸)
サンシュユ(山茱萸)
サンシュユ(山茱萸)

サンシュユ(山茱萸)の花
東京都薬用植物園で、2009年3月8日


ズーラシア


サンシュユ
サンシュユ

サンシュユ(山茱萸)の花
ズーラシアで、2011年3月27日


清水谷公園


サンシュユ(山茱萸)
サンシュユ(山茱萸)

サンシュユ(山茱萸)の果実
清水谷公園で、2002年12月8日