シーマニア(Seemannia)

【かぎけんWEB】
シーマニアはゴマノハグサ目イワタバコ科グロキシニア属の常緑球根植物です。

花図鑑をリニューアルしました。
上記リンクにてアクセスできます。

別名:シーマニア ラティフォリア(Seemannia latifolia)、 グロキシニア・シルヴァティカ(Gloxinia sylvatica)

Seemannia Seemannia Seemannia Seemannia Seemannia

シーマニア(Seemannia)は、南米のペルーやボリビアの森林に自生する ゴマノハグサ目イワタバコ科グロキシニア属の這性・非耐寒性・非耐暑性の常緑球根植物です。 葉は皮質で厚く、細い長楕円形をしています。 多数出た細い茎の葉腋から、秋〜春に、花茎を出し金魚のような花を咲かせます。 花色は朱赤や赤、黄色で、花形は先端が5浅裂した袋状をしています。 花後に刮ハがなります。鉢植えにされます。
グロキシニア(Gloxinia) という同科(イワタバコ科)別属(シンブギア属)の花もあります。

一般名:シーマニア(Seemannia)
学名:Gloxinia sylvatica (旧: Seemannia latifolia)
分類名:植物界被子植物門双子葉植物綱ゴマノハグサ目イワタバコ科グロキシニア属
別名:シーマニア ラティフォリア(Seemannia latifolia)、グロキシニア・シルヴァティカ(Gloxinia sylvatica)
原産地:南米のペルー、ボリビア 環境:森林に自生
生活型:這性で非耐寒性・非耐暑性の常緑球根植物 草丈:40cm  葉質:皮質で厚い 葉形:細い長楕円形 葉色:緑(表)、薄黄緑(裏)  葉の状態:両面に白毛有り  葉の付き方:対生 葉縁:全縁  花色:朱赤・赤・黄 花形:金魚に似た鐘状の形  花冠:口の開いた(先端は5浅裂)袋状の花  花の咲き方:横向き  開花期:10月〜翌年3月  果実:刮ハ  名前の由来:過去にシーマニア属に分類されていたため  備考:Gloxiniaはドイツの植物学者、B.P.Gloxin氏に因み、 sylvaticaは森林に生えるの意。 用途:鉢植え 

■関連ページ
シーマニア(Seemannia)  城ヶ崎海岸磯釣り(2011年11月12日)  サ行の花図鑑鑑  花暦 

Seemannia Seemannia Seemannia Seemannia Seemannia シーマニア(Seemannia)
小田原PAで、2009年11月12日