ヒメツルニチニチソウ(姫蔓日々草)

【かぎけんWEB】
ヒメツルニチニチソウとは、キョウチクトウ科ツルニチニチソウ属のツル性常緑半低木です。

花図鑑をリニューアルしました。
上記リンクにてアクセスできます。

別名:Vinca minor(ビンカミノール)

ヒメツルニチニチソウ9 ヒメツルニチニチソウ2 ヒメツルニチニチソウ1 ヒメツルニチニチソウ64 ヒメツルニチニチソウ14 ヒメツルニチニチソウ65 ヒメツルニチニチソウ74 ヒメツルニチニチソウ ヒメツルニチニチソウ

ヒメツルニチニチソウ(姫蔓日々草)  とは、 キョウチクトウ科ツルニチニチソウ属の耐寒性ツル性常緑低木です。 同属の ツルニチニチソウ(蔓日々草)=ビンカ・マジョール(Vinca major) の小型版で、ヒメツルニチニチソウ(姫蔓日々草)は、ビンカ・ミノールとも呼ばれます。
ビンカマジョールより花や葉が小さく、春〜初夏に、直立した花茎に青紫色の花を咲かせます。
耐寒性が強く寒地栽培に適し繁殖力があります。暑さには弱いです。 用途は、花壇のグランドカバーとして用いられる他、脳の機能改善に効果がある薬草・ハーブとしても知られます。

一般名:ヒメツルニチニチソウ(姫蔓日々草)
学名:Vinca minor L.(ビンカ ミノール)
別名:ビンカミノール(Vinca minor)、ビンカマイナー(Vinca minor)、 ペリウィンクル、Common Periwinkle(コモン・ペリウィンクル)、レッサー・ペリウィンクル
分類名:キョウチクトウ科ツルニチニチソウ属
原産地:ヨーロッパ中部〜コーカサス
花径:2cm 開花期:3〜7月 花色:青紫・ピンク・白

■関連ページ
5月の花(2005年)花暦花博2004年2006年4月の花新宿御苑の花


ヒメツルニチニチソウ

ヒメツルニチニチソウ9 ヒメツルニチニチソウ2 ヒメツルニチニチソウ1 ヒメツルニチニチソウ64 ヒメツルニチニチソウ14 ヒメツルニチニチソウ65 ヒメツルニチニチソウ74 ヒメツルニチニチソウ
ヒメツルニチニチソウ(姫蔓日々草)

ヒメツルニチニチソウ
ヒメツルニチニチソウ(姫蔓日々草)
新宿御苑