ヨツバヒヨドリ(四葉鵯)

【かぎけんWEB】
ヨツバヒヨドリはキク目キク科フジバカマ属の多年草です。

花図鑑をリニューアルしました。
上記リンクにてアクセスできます。

ヨツバヒヨドリは4枚程ある葉が輪生します。

ヨツバヒヨドリ(四葉鵯) ヨツバヒヨドリ(四葉鵯) ヨツバヒヨドリ

ヨツバヒヨドリ(四葉鵯)は、キク目キク科フジバカマ属の野生の多年草です。 ヒヨドリバナ(鵯花) の変種です。 ヒヨドリバナは葉は全縁で対生し、ヨツバヒヨドリは葉に細かい鋸歯があり、葉が茎の周りに3〜4枚輪生します。 フジバカマ(藤袴)とも似ていますが、フジバカマは葉が3秦深裂しています。

一般名:ヨツバヒヨドリ(四葉鵯)
学名:Eupatorchinense ssp. sahalinense(エウパトリウム)
分類名:植物界被子植物門双子葉植物綱キク目キク科フジバカマ属
原産地:中国
草丈:100cm 開花期:8〜10月 花色:白・淡紫色  筒状花長さ:0.5〜0.6cm  散房花径:15〜20cm 葉形:楕円形で葉縁に鋸歯 

■関連ページ
ヨツバヒヨドリ(四葉鵯)  東館山高山植物園(2012年7月15日)  上高地(2011年7月16〜18日)  ヤ行の花図鑑  花暦 

ヨツバヒヨドリ ヨツバヒヨドリ(四葉鵯)
東館山高山植物園で、2012年7月15日

ヨツバヒヨドリ ヨツバヒヨドリ ヨツバヒヨドリ(四葉鵯)
上高地で、2011年7月16〜18日