9月の花#2

【かぎけんWEB】
2004年9月、木場公園

ヤブラン(藪蘭) ヤブラン(藪蘭) スイレンボク(睡蓮木) スイレンボク(睡蓮木) ハマナス(浜茄子) ハマナス(浜茄子) ヒガンバナ(彼岸花) ヒガンバナ(彼岸花) 9月の花#2(2004) サンゴジュ(珊瑚樹) サンゴジュ(珊瑚樹) サンゴジュ(珊瑚樹) サンゴジュ(珊瑚樹) カリン(花梨) カリン(花梨) オヒシバ(雄日芝)

2004年9月に、木場公園や江東区白河で咲いていた花々です。

●花の種類
スイレンボク(睡蓮木)ヤブラン(藪蘭)ハマナス(浜茄子)サンゴジュ(珊瑚樹)ヒガンバナ(彼岸花)カリン(花梨)オヒシバ(雄日芝) 

■関連ページ
9月の花#2(2004年)  9月の花#1(2004年)  サ行の花図鑑  野草図鑑  花暦2004年  花暦 


●ヤブラン(藪蘭)
2004年9月、木場公園で
ヤブラン(藪蘭)

一般名:ヤブラン(藪蘭)
学名:Liriope lantyphylla(=L. muscari)(リリオペ)
別名:リリオペ、ノシメラン
科属名:ユリ科ヤブラン属
開花期:6〜10月 葉幅:1cm 葉長:30〜50cm

ヤブラン(藪蘭)

ヤブラン(藪蘭)は、小さな薄紫色の花を咲かせる常緑多年草です。 葉に立状の細長い黄色いスジ(条斑)が入っている園芸種をフイリヤブランと呼びます。 根の肥大部に滋養強壮や鎮咳、去痰、強心利尿などの薬効があるとされます。

ヤブラン(藪蘭)のページ

●スイレンボク(睡蓮木)
2004年9月、白河で
スイレンボク(睡蓮木)
雨に濡れています。

一般名:スイレンボク(睡蓮木)
学名:Grewia caffra(グルーイア・カフラ)
別名:グルーイア(Grewia)
科属名:シナノキ科グルーイア属
原産地:南アフリカ
開花期:通年(主として、5〜10月)  樹高:1〜3m 花径:3〜4cm 花色:桃〜紫・黄

スイレンボク(睡蓮木)

スイレンボク(睡蓮木)は睡蓮の花に花を似た咲かせる アフリカ原産の非耐寒性常緑蔓性低木です。 5弁花と、花弁に似た5枚の萼をあわせて10弁花に見えます。

スイレンボク(睡蓮木)のページ

●ハマナス(浜茄子)
2004年9月、木庭公園で
ハマナス(浜茄子)

一般名:ハマナス(浜茄子)
学名:Rosa rugosa(ロサ・ルゴサ)
別名:ハマナシ(浜梨)
科属名:バラ科バラ属
樹高:1〜1.5m 花期:4〜8月
花色:濃桃色、まれに白 花径:6〜9cm
果実の径:2cm 収穫期:8〜10月

ハマナス(浜茄子)

ハマナス(浜茄子)は、牡丹の花を小さくして一重にしたような綺麗な花を咲かせる耐寒性落葉低木です。 水捌けのよい海岸の砂地に生えています。バラ科なので茎に鋭い刺があり、枝はよく分岐します。 花には芳香があるので香料の原料になります。実は梨の実に形が似ておりジャムなどにして食べられます。

ハマナス(浜茄子)のページ

●サンゴジュ(珊瑚樹)
2004年9月、木場公園で
サンゴジュ(珊瑚樹)

一般名:サンゴジュ(珊瑚樹)
学名:Viburnum odoratissimum
別名:ヤブサンゴ(藪珊瑚)、ヤマジサ
科属名:スイカズラ科ガマズミ属
樹高:150〜800cm 花色:白  開花期:6〜7月 花色:白  果実の観賞期:9〜12月 果序径:10cm 実色:赤

サンゴジュ(珊瑚樹)のページ

サンゴジュ(珊瑚樹)

サンゴジュ(珊瑚樹)は、初夏に白い花が咲き、花が咲き終わった秋頃から 真っ赤で光沢のある美しい果実をたわわに実らせる耐寒性常緑小高木です。 赤い果実が珊瑚のように見えることから名前がつけられました。

サンゴジュ(珊瑚樹) <br>サンゴジュ(珊瑚樹)
●ヒガンバナ(彼岸花)
2004年9月、江東区白河で
ヒガンバナ(彼岸花)

一般名:ヒガンバナ(彼岸花)
学名:Lycoris(リコリス) radiata
別名:マンジュシャゲ(曼珠沙華)、リコリス(Lycoris)
科属名:ヒガンバナ科ヒガンバナ属
原産地:中国、日本  開花期:は8〜9月(秋の彼岸頃)

ヒガンバナ(彼岸花)

ヒガンバナ(彼岸花)は、彼岸頃に咲くから和名では彼岸花と命名されました。 30〜50cm長さの真直ぐな花茎から花火に似た大型の真紅の花を咲かせる耐寒性鱗茎植物です。 有毒植物ですが、その反面、薬効があります。

ヒガンバナ(彼岸花)のページ

●カリン(花梨)
2004年9月、白河で
カリン(花梨)

一般名:カリン(花梨)
学名:Pseudocydonia sinensis
   (=Chaenomeles sinensis)
別名:アンランジュ(安蘭樹)、クワズナシ(喰わず梨)
科属名:バラ科カリン属
原産地:中国
樹高:300〜800cm 開花期:4〜5月 花色:桃 花径:3cm  実の観賞期:10〜11月 実色:黄 実径:10cm

カリン(花梨)
カリン(花梨)
江東区白河、2004年9月撮影

カリン(花梨)は、春に桃色の花を咲かせ、秋に長円形で黄橙色をした果実が成熟する耐寒性落葉高木で、 咳止め効果があるとされています。 果実には芳香があり、カリン酒や砂糖漬け、ジャムとして食用される他、咳止め薬としても利用されます。

カリン(花梨)のページ

●オヒシバ(雄日芝)
2004年9月、木場公園で
オヒシバ(雄日芝)

一般名:オヒシバ(雄日芝)
学名:Eleusine indica
別名:チカラグサ、ワイヤーグラス(Wire grass)
科属名:イネ科オヒシバ属
草丈:30〜50cm 生育期:5〜11月 葉色:緑 開花期:8〜10月

オヒシバ(雄日芝)のページ

オヒシバ(雄日芝)

オヒシバ(雄日芝)は、夏〜秋にかけて野原に生い茂っている丈夫な一年生草本の野草です。 茎の先端に放射状に2〜6本の花序を出し、その下面に小穂を付けます。葉は緑色で線形をしています。 オヒシバ(雄日芝)に対して、メヒシバ(雌日芝)もあります。