浜名湖花博#47 チャービル(Chervil)

浜名湖花博#47 チャービル(Chervil)

浜名湖花博、2004年4月

浜名湖花博#47チャービル(Chervil) 浜名湖花博#47チャービル(Chervil)

一般名:チャービル(Chervil)
学名:Anthriscus cereifolium
別名:セルフィーユ、ウイキョウゼリ(茴香芹)、ガーデンチャービル
科属名:セリ科シャク属
原産地:ヨーロッパ、西アジア、ロシア南部
草丈:30〜60cm 観賞期:11〜翌8月 葉色:淡緑
開花期:6〜7月 花色:白
チャービル(Chervil) は、夏に白い小花を咲かせるセリ科シャク属の耐寒性一年草です。切れ込みの入った柔らかい葉は鮮緑色をしています。
サラダやスープ、ソースなどに用いられる料理用ハーブとして用いられます。
また、薬効として、消化や血液浄化、発汗作用があるとされます。

■関連ページ
花博の花#47 チャービル(Chervil)チャービル(Chervil)


浜名湖花博#47チャービル(Chervil)
チャービル(Chervil)
浜名湖花博、2004年4月
浜名湖花博#47チャービル(Chervil)
チャービル(Chervil)
浜名湖花博、2004年4月