アオドウガネ(青銅鉦)

【かぎけんWEB】
アオドウガとはコウチュウ目コガネムシ科スジコガネ属アオドウガネ種の昆虫です。


アオドウガネ(青銅鉦)


アオドウガネ(青銅鉦)は、都市でも普通に見られるコウチュウ目コガネムシ科スジコガネ属の昆虫です。

コガネムシ似
コガネムシ(黄金虫) に似ていますが、胴体の一部が赤銅色をしています。また、胴体の端に長い毛があります。

害虫
幼虫は地中の植物の根を食べつくし、成虫は地上の主に広葉樹の葉を食べる害虫とされます。

一般名:アオドウガネ(青銅鉦)
学名:Anomala albopilosa
分類名:動物界節足動物門昆虫綱コウチュウ目コガネムシ科スジコガネ属アオドウガネ種
別名:Anomala albopilosa
分布:北海道〜九州、沖縄 生息環境:林、野原、都市
全長:1.8〜2.5cm 体形:楕円形  体表色:緑色光沢地で胴体が赤銅色を帯びる  腹部:端部に長い毛が生える  脚数:3対  食性:広葉樹の葉を食べる食葉性(成虫)、地中の植物の根(幼虫)  行動:夜行性で光を目指して飛来、葉裏で休む(昼)  活動時期:5〜10月  繁殖方法:産卵 産卵時期:夏〜秋 産卵場所:土中 成長:翌春に蛹化・羽化  備考:農作物を食害する害虫 

■関連ページ
アオドウガネ(青銅鉦)  コガネムシ(黄金虫)  昆虫図鑑  虫/両生類  麹町便り  memo 


アオドウガネ(青銅鉦)



アオドウガネ(青銅鉦)

アオドウガネ(青銅鉦)
2012年7月1日、家の階段で