ホソヒラタアブ(細平田虻)

【かぎけんWEB】
ホソヒラタアブはハエ目ハナアブ科ヒラタアブ亜科ホソヒラタアブ属の蛾です。

ホソヒラタアブ ツワブキ(石蕗)とホソヒラタアブ

ホソヒラタアブ(細平田虻)は、ハエ目ハナアブ科ヒラタアブ亜科ホソヒラタアブ属の 小型のハナアブの一種です。 北海道〜九州の人家の庭や都市郊外に生息し、成虫は花の蜜や花粉、幼虫はアブラムシを食べます。 全長は1cm程で、3〜11月に活動します。  頭部には大きな複眼があり、胸部は黒っぽく、腹部は細長く平らで黄色と黒の縞々があり、 太横帯と細横帯のセットが2本ずつあります。冬は成虫で越冬します。

一般名:ホソヒラタアブ(細平田虻)
学名:Episyrphus balteatus
分類名:動物界節足動物門昆虫綱有翅昆虫亜綱ハエ目ハナアブ科ヒラタアブ亜科ホソヒラタアブ属
分布:北海道〜九州の日本全国 環境:人家の庭や都市郊外
全長:1cm 活動時期:3〜11月  頭部:大きな複眼 胸部色:黒 腹部:細長く平らで、 黄色と黒の縞々があり太横帯と細横帯のセットが2本ずつある 食性:成虫は花の蜜や花粉、幼虫はアブラムシ  備考:成虫で越冬する

■関連ページ
ホソヒラタアブ(細平田虻)  11月の花(2011年)  昆虫図鑑  虫/両生類  麹町便り  memo 


ホソヒラタアブ

ホソヒラタアブ ツワブキ(石蕗)とホソヒラタアブ
ツワブキ(石蕗)にとまるホソヒラタアブの成虫
2011年11月2日、麹町で