コオロギ(蟋蟀)

【かぎけんWEB】
コオロギ(蟋蟀)は

花図鑑をリニューアルしました。


コオロギ
コオロギ


ネッタイクチキコオロギ
ネッタイクチキコオロギ


コオロギ(蟋蟀、学名:Grylloidea)は、バッタ目コオロギ科の昆虫です。 地上の様々な場所に生息します。身体は焦げ茶色系で楕円形をしており、頭部に2本の長い触角があります。尻部にも2本の感覚器があります。夜行性で雑食です。 秋の夜長に心地よい鳴き声を発する昆虫として知られます。 栄養価が高く、繁殖も容易なので、近年、国際連合食糧農業機関で推奨されている主要な昆虫食の素材とされます。

一般名:コオロギ(蟋蟀)
学名:Grylloidea
別名:
分類名:動物界節足動物門昆虫網バッタ目コオロギ科
原産地:
体長:3〜4cm、体色:茶色〜黒、

■関連ページ
コオロギ(蟋蟀)  20200913_okutama-aki  多摩動物公園の昆虫と爬虫類(2010年1月17日) 


コオロギ(蟋蟀)

コオロギ
コオロギ

左足を消失している。
奥多摩、2020年9月13日、明希撮影。 ネッタイクチキコオロギ
ネッタイクチキコオロギ

多摩動物園、2010年1月17日