ナナフシ【かぎけんWEB】

ナナフシとは、日本全国の野原で普通に見られるナナフシ目ナナフシ科ヒゲナガナナフシ亜科の昆虫です。

トゲナナフシ(棘七節) トゲナナフシ(棘七節)

トゲナナフシ(棘七節) とは、日本全国の野原で普通に見られるナナフシ目ナナフシ科ヒゲナガナナフシ亜科の昆虫です。
ナナフシの仲間には、ナナフシ(七節) がいます。

■関連ページ
トゲトゲナナフシ(棘七節)  竹富島2007年夏の昆虫  昆虫図鑑  虫/両生類アルバム  麹町便り  memo 

一般名:トゲナナフシ(棘七節)
学名:Neohirasea japonica
分類名:動物界節足動物門昆虫綱ナナフシ目ナナフシ科ヒゲナガナナフシ亜科
分布:本州〜四国、九州 生活環境:林
全長:6〜8cm 体表:枝に擬態する。茶色地で全身に棘がある 体形:太目
活動期:6〜12月 食性:植物の葉
繁殖:雌の単為生殖による



トゲナナフシ(棘七節)
トゲナナフシ(棘七節)

トゲナナフシ(棘七節)
2015年10月31日(城ケ崎釣り)