ホタテガイ(帆立貝)

【かぎけんWEB】
ホタテガイとは、イタヤガイ目イタヤガイ科Mizuhopecten属ホタテガイ種の二枚貝です。
別名:ホタテ(帆立)、Japanese scallop

ホタテガイ(帆立貝)

ホタテガイ2 ホタテ6 活きホタテ 活きホタテ ホタテ貝柱 ホタテ刺身 ホタテガイ 帆立入り煮しめ 帆立 煮ホタテ パイ包みホタテスープ


帆立貝刺身・握り寿司

生ホタテ握り 生帆立貝刺身 生帆立貝握り 生帆立握り


ミニホタテ

ミニホタテ

ホタテガイ(帆立貝) とは、イタヤガイ目イタヤガイ科Mizuhopecten属ホタテガイ種の二枚貝です。 東北以北の寒い海の浅い砂底に生息します。

生まれたては全て♂で、雌雄同体の時期を過ごし、雌雄異体となります。1年目の雌雄の比率は1:1となります。 扇形をした2枚貝で貝殻の湾曲度が異なります。外殻に放射状の模様があります。 殻を2つに開くと、通常、貝柱と呼ばれる閉殻筋、ウロと呼ばれる中腸腺、ヒモと呼ばれる外套膜があります。 この外套膜には多数の小さな目があり光を感じることができます。
食用貝の代表で、可食部は貝殻とウロ以外の部分で、貝柱とヒモを食べます。 調理方法には、貝柱は刺身、寿司、醤油焼き、バター焼き、フライ、天婦羅、煮付け、グラタン、コキーユ、炊き込みご飯、干し貝柱にします。ヒモは煮物や佃煮、塩辛にします。 帆立貝のチガイ(幼貝)はミニホタテと呼ばれ、生食や、酒蒸し、味噌汁の具にされます。
貝殻は貝細工や、皿代わりに使います。 最近は天然ものの他、養殖ものが出回っていますが、味に大差はありません。

一般名:ホタテガイ(帆立貝)
学名:Mizuhopecten yessoensis
分類名:動物界軟体動物門二枚貝綱イタヤガイ目イタヤガイ科Mizuhopecten属ホタテガイ種
別名:ホタテ(帆立)
分布:東北以北の日本 環境:30mまでの浅海砂底、養殖もある。
全長:20cm 貝形:扇形をした2枚貝 貝色:白っぽい 外殻模様:放射状  外套膜には多数の目がある。  産卵期:3〜6月 寿命:10年 
天敵:ヒトデ、タコ 
用途:食用貝 可食部:貝殻とウロ(中腸腺)以外で、貝柱(閉殻筋)とヒモ(外套膜) 
調理方法:貝柱は刺身、寿司、醤油焼き、バター焼き、フライ、天婦羅、煮付け、グラタン、コキーユ、炊き込みご飯、干し貝柱にする。ヒモは煮物や佃煮にする。 チガイ(幼貝)は酒蒸しや味噌汁にする。貝殻は貝細工、皿代わりにする。 
特記:生まれたては全て♂で、雌雄同体の時期を過ごし、雌雄異体となる。1年目で雌雄の比率は1:1となる。
備考:天然ものと養殖ものがあるが味の差は無い。

■関連ページ
ホタテガイ(帆立貝)  ブセナテラス(2013年8月10日)  無脊椎動物図鑑  旬図鑑  memo 


お店の水槽中のホタテ
ホタテガイ2 ホタテ6
左側の平べったいのがホタテガイ、他にツブガイとホッキガイが同居しています。
新千歳国際空港、2013年12月28日
スーパーで購入した活きホタテ
活きホタテ 活きホタテ ホタテ刺身
帆立貝刺身
スーパーで購入、2013年6月4日
沖縄のレストランでマーケットスタイルの陳列 ホタテ
ホタテガイ
ホタテガイ
ブセナテラスのレストラン「ランブルフィッシュ」で、2013年8月10日
ホタテの料理

ホタテ貝柱
刺身用生ホタテ貝柱
2014年10月26日

ホタテ握り
生ホタテ貝柱握り

帆立貝握り

帆立貝刺身
生帆立貝刺身

貝刺身盛合せ

ミル貝入り刺身盛合せ−帆立貝(左上)、 ホッキ貝(下)ミル貝(右上)
スーパーの刺身セットを家で、2014年1月5日

煮ホタテ入り珍味3点セット 煮ホタテ
珍味3点セットと煮ホタテ
トマムのレストランで、2014年12月27日

帆立入り煮しめ 帆立
ホタテガイ(帆立貝)
左にある丸い貝、右は絹さや、上は里芋、下は車海老です。
城ヶ海宿泊地の夕食、2011年10月15日

パイ包みホタテスープ
帆立貝の入ったスープ包み焼
ホタテはペースト状で形は無い
スーパーで購入、2013年12月12日


ミニホタテ=帆立貝の稚貝

ミニホタテ
ミニホタテ生食用
2013年11月21日