ヤブマメ(藪豆)

【かぎけんWEB】
ヤブマメとは、藪で自生するマメ目マメ科ヤブマメ属の蔓性一年性の野草です。
学名:Amphicarpaea edgeworthii var. japonica

ヤブマメ(藪豆) ヤブマメ(藪豆) ヤブマメ(藪豆) ヤブマメ(藪豆)

ヤブマメ(藪豆) とは、秋、藪で見かける紫色をした蝶形の小花を花穂に数個つける マメ目マメ科ヤブマメ属の蔓性一年草です。
花後、鞘インゲンを小さくしたような豆果を付け、熟すと黒紫色になります。 地上花を咲かせるとともに、地中で閉鎖花を咲かせ、暗紫色になった豆果は食べられます。 蔓は細長い針金状で他の植物に絡み付いて生え、茎には毛が生えています。 葉は互生して付き、長い柄があり3出複葉、小葉は幅広の卵形で、葉の裏表に毛が生えています。

一般名:ヤブマメ(藪豆)
学名:Amphicarpaea edgeworthii var. japonica
分類名:植物界被子植物門双子葉植物綱マメ目マメ科ヤブマメ属
分布:北海道〜九州の日本全国、朝鮮半島、中国
環境:藪、道端、人里、河原、田畑
蔓長:1m〜 花色:白と淡紫、紫 花長:2cm 開花期:8〜10月  葉:3出複葉 小葉長:3〜6cm 葉幅:2〜4cm 小葉形:卵形 葉の付き方:互生  豆果形:鞘状 豆果長:2〜3cm 

■関連ページ
ヤブマメ(藪豆)  城ヶ崎海岸 磯釣り(2008年10月4日)  野草図鑑  ヤ行の花図鑑  花暦2008年  花暦 


ヤブマメ(藪豆)

ヤブマメ(藪豆) ヤブマメ(藪豆) ヤブマメ(藪豆) ヤブマメ(藪豆)
ヤブマメ(藪豆)
2008年10月4日、城ヶ崎海岸で