マダコ(真蛸)

【かぎけんWEB】
マダコとは八腕目マダコ科マダコ属の軟体動物です。
別名:Common octopus(コモンオクトパス)、Devil fish(デビルフィッシュ)

水槽内のマダコ

マダコ 水槽内のマダコ


食材としてのマダコ

タコ マダコ(真蛸) マダコ(真蛸) マダコ(真蛸) マダコ(真蛸) マダコ刺し身 タコブツ マダコ(真蛸) マダコ(真蛸)


マダコ(小だこ)

マダコ1匹 マダコ姿 マダコ塩揉み前 マダコ塩揉み後 マダコ煮付後

マダコ(真蛸)とは、日本や世界中の熱帯・温帯海域に生息する八腕目マダコ科マダコ属の軟体動物です。 吸盤付きの八本足がある蛸の代表種です。

蛸の身体は柔らかく手足が8本あり自由に駆使して獲物を掴み、 カラストンビ(乾したものが売られています)と呼ばれる口で噛み砕いて食べます。 危険を感じると烏賊と同様、墨を吹きます。 蛸の最大の天敵は人間で食用として捕獲され毎日のように私達の食卓に上がります。 主として手足の部分を、蛸刺や蛸しゃぶ、煮蛸、酢蛸、たこ焼などにして食べます。 生きている時の体表色は茶褐色ですが背景に合わせて瞬時に変化させることができます。 調理などで加熱すると赤くなります。
明石産が有名で、生食や茹蛸、タコ焼きの主具材となります。モーリタニア産のものがスーパーで出回っていますが、 食感はゴムのようで味覚は日本産に敵いません。
蛸は日本では大変人気のある海産物とされますが、欧州では好まれず食用とするのはスペインやイタリアなど、 ごく一部の国だけです。
同じタコ属に、体長や足長さがもっと大きい  ミズダコ(水蛸)  がいます。

一般名:マダコ(真蛸)
学名: Octopus vulgaris
別名:Common octopus(コモンオクトパス)、Devil fish(デビルフィッシュ)、海藤花(卵)
分類名:動物界軟体動物門頭足綱八腕目マダコ科マダコ属
分布地:日本や世界中の熱帯・温帯海域 環境:浅海の>岩礁、サンゴ礁
全長:60cm 体表色:薄橙〜薄茶色 
手足数:吸盤が付いた8本 
天敵:ウツボ、サメ、海鳥、エイ
繁殖:卵 繁殖期:春〜初夏 
寿命:2〜3年

■関連ページ
マダコ(真蛸)  魚類図鑑  使用前・使用後物語  memo 


水槽内のマダコ

マダコ
マダコ
姫路市立水族館の海水魚(2016年5月1日)

水槽内のマダコ
水槽内のマダコ
duo、2016年4月24日


マダコ

マダコ1匹
マダコ1匹

マダコ姿
マダコ姿

マダコ塩揉み前
マダコの塩揉み前

マダコ塩揉み後
マダコの塩揉み後

マダコ煮付後

マダコ煮付後
コダコ、浜坂港の鮮魚取寄せ(2016年5月3日)


生ダコ(茹でる前)
マダコ(真蛸)
生ダコ全身
マダコ(真蛸)
生ダコ胴部

茹でダコ

マダコ(真蛸)
上の蛸を塩で揉んで茹でたもの

マダコ(真蛸)
足は8本ありました。
マダコ(真蛸) AJ-market、2008年9月9日


●マダゴ(真蛸)

タコ
マダコ(真蛸)

マダコ(真蛸)
生マダコ(生真蛸) 茹で上げ前

マダコ(真蛸)
マダコ(真蛸) 茹で後

マダコ(真蛸)
マダコ(真蛸) 調理前

マダコ(真蛸)
マダコ(真蛸) 調理後

マダコ(真蛸)
マダコ(真蛸)調理前
マダコはボールに入れて塩を振り掛け滑りけがとれるまで丁寧に揉みます。

マダコ(真蛸)
マダコ(真蛸)調理後(蛸刺し) 左は茹蛸、右は生蛸
2009年1月、A市場


マダコ(真蛸)
タコブツ(蛸のぶつ切り)
2010年1月23日

マダコ刺身
マダコ刺身
2014年10月26日