フンボルトペンギン(Humboldt Penguin)

【かぎけんWEB】
フンボルトペンギンはフンボルト海流域に生息するペンギン目ペンギン科フンボルトペンギン属の中型ペンギンです。
別名:バンテッドペンギン(帯Penguin)、ホーリーペンギン(Holly Penguin)、 アナホリペンギン(穴掘りPenguin)

フンボルトペンギン(Humboldt Penguin) フンボルトペンギン(Humboldt Penguin) フンボルトペンギン(Humboldt Penguin) フンボルトペンギン(Humboldt Penguin) フンボルトペンギン(Humboldt Penguin) フンボルトペンギン(Humboldt Penguin)

フンボルトペンギン(Humboldt Penguin)は、ペンギン目ペンギン科フンボルトペンギン属の鳥類で、南米の太平洋沿岸のフンボルト海流域に生息している中型のペンギンです。 背中や翼が黒褐色で、腹部は白く、頭から胸にかけて白帯が入り、胸に太い黒茶の帯があります。 嘴は黒く、目から口元にかけてピンク色をしています。 腹部に黒帯があることから別名でバンテッドペンギン(帯Penguin)、穴を掘って住む習性からホーリーペンギン(Holly Penguin)とか、アナホリペンギン(穴掘りPenguin)とも呼ばれます。 温帯に住んでいるので暑さに強く、冷房装置が不要なため、日本では動物園や水族館で最も飼育されている種類です。 一方、野生では、生息環境の減少や漁業との競争で生息数が減り、1万羽に満たない絶滅危惧種とされます。

一般名:フンボルトペンギン(Humboldt Penguin)
学名:Spheniscus humbolti
科属名:ペンギン目ペンギン科フンボルトペンギン属
別名:バンテッドペンギン(帯Penguin)、ホーリーペンギン(Holly Penguin)、アナホリペンギン(穴掘りPenguin)
生息分布:南米太平洋沿岸
全長:70cm 体表色:背中・頭(黒茶)、腹部(白)、頭から胸にかけて(白い帯)、 嘴(黒)、目元から口元にかけて(桃色)、脚元(黒、桃色、灰色の混合) 絶滅の有無:絶滅危惧種

■関連ページ
フンボルトペンギン(Humboldt Penguin)  ペンギン(Penguin)  ノシャップ海流水族館  旭山動物園(2006年10月9日)  鳥図鑑  Epson Aqua Stadium(品川プリンス内水族館、2008年6月21日)  鳥・トリ・とり  麹町便り  memo 


●フンボルトペンギンのショート

フンボルトペンギン(Humboldt Penguin)
「おっ」

フンボルトペンギン(Humboldt Penguin)
「むっちゃ、仲ええな」

フンボルトペンギン(Humboldt Penguin) フンボルトペンギン(Humboldt Penguin) フンボルトペンギン(Humboldt Penguin)
「うらやましいで」

フンボルトペンギン(Humboldt Penguin)

「どこ見てんのや、こっちやで」
フンボルトペンギン(Humboldt Penguin)
ノシャップ海流水族館、2008年6月21日