ヘラブナ(平鮒、箆鮒)

【かぎけんWEB】
ヘラブナは普通に池で泳いでるコイ目コイ科フナ属ゲンゴロウブナ種の淡水魚です。
別名:ゲンゴロウブナ、マブナ、Japanese crucian carp

ヘラブナ ヘラブナ

ヘラブナ(平鮒、箆鮒、学名:Carassius cuvieri)とは、琵琶湖の固有種であるゲンゴロウブナ(源五郎鮒、学名:Carassius cuvieri)の体高が高い個体を選抜育種した品種です。釣用魚として日本全国に放流されています。 また、ニゴロブナの代わりに、鮒飯に使われています。

一般名:ヘラブナ(平鮒,箆鮒)
学名:Carassius cuvieri
分類名:動物界脊索動物門脊椎動物亜門条鰭綱コイ目コイ科フナ属ゲンゴロウブナ種
別名:ゲンゴロウブナ、カワチブナマブナ、Japanese crucian carp
原産地:琵琶湖、生息分布:日本全国、環境:湖、河川、池湖の淡水域、 体長:40〜50 cm、食性:植物性プランクトン、用途:釣り魚、食用養魚

■関連ページ
ヘラブナ(平鮒)  ゲンゴロウブナ(源五郎鮒)  かごしま植物園(2012年5月4日)  東武動物公園(2010年12月5日)  市川市動植物園(2009年6月13日)  しながわ水族館(2008年9月8日)  魚図鑑 


●ヘラブナ(平鮒)(

ヘラブナ ヘラブナ
ヘラブナ(平鮒)
箱根園水族館(2019年5月5日)