イラ(伊良)

【かぎけんWEB】
イラとは、スズキ目ベラ科イラ属の海水魚です。
別名:ばんど

イラ イラ イラ イラ イラ イラ イラ イラ イラ イラ イラ イラ

イラ(伊良) とは、南日本の岩礁域に生息するスズキ目ベラ科イラ属の海水魚です。

全長は40cm程で、体形は左右に側扁し、体高は高く、 体色は個体差がありますが、黄橙〜橙色地で胸鰭後方に鮮青色の鱗片が散在します。 体側の胸鰭から上部の背鰭まで1本の暗色斜走帯が入り、ベルトのように見える斜帯から、 別名で「ばんど」とも呼ばれます。 こと、頭が大きいことが特徴です。 背鰭棘の基部は、胸鰭付け根の位置の上方にあります。 また、背鰭棘高さと切れ込みの深さは開始点〜終点までほほ均一です。
東日本ではスーパーなどで売っていないため食べる習慣がありませんが、 食用魚となります。水分が多いので手早く処理する必要がありますが、 湯引きや鍋料理、唐揚、竜田揚げなどにして食べます。 鱗が落としにくいことやぬめりがあるので下拵えは大変です。

一般名:イラ(伊良)
学名:Choerodon azurio
別名:ばんど
科属名:動物界脊索動物門脊椎動物亜門上鰭綱スズキ目ベラ科イラ属
生息分布:南日本 環境:岩礁域
全長:40cm 体形:左右に側扁 体高:高い  体色:黄橙〜橙色地で胸鰭後方に鮮青色の小斑が散在  特徴:体側の胸鰭から上部の背鰭まで暗色斜走帯が入る、頭が大きく、 背鰭棘の基部はほぼ胸鰭付け根の位置の上方に当たる、 背鰭棘高さと切れ込みの高さは、開始点〜終点までほほ均一、テンスと似ている 可食の別:可(藻などを食べるため時期により味が異なります。)  料理方法:湯引きや鍋料理、唐揚、竜田揚げなど

■関連ページ
イラ  城ヶ崎釣り(2010年12月19日)  町営真鶴魚座(2010年2月28日)  釣りカレンダー  魚図鑑  食べ物図鑑  麹町便り  memo 


イラ
「見えんやないか!」と、いら つかないでね。

イラ

「お待たせ〜、イラでっせ。体にバンド模様がありまっせ。」
イラ(伊良)
町営真鶴魚座の水槽で、2010年2月28日



イラ
「あっ、釣られてしもた!」

イラ
「どないしょ。」

イラ
「困った!」

イラ
「俎板の上の鯉ならぬ、新聞紙の上のイラやね。」

イラ
「絶壁のような頭。」

イラ
「鮮青色の鱗片が散在する下半身。」

イラ
「シートベルトをしたような胴体。」

イラ
「皮下脂肪が旨いと湯引きにされた。」

イラ
「これはイラの饂飩数寄やね。」

イラ

「個体差による当たり外れはあるやもしれんが、これは旨いと言われたで。」
イラ(伊良)
城ヶ崎釣果、2010年12月19日