ミナミハタンポ(南葉丹宝)【かぎけんWEB】

ミナミハタンポはスズキ目ハタンポ科ハタンポ属の海水魚です。
別名:カタジラー、ワタンポ

ミナミハタンポ ミナミハタンポ ミナミハタンポ(南葉丹宝) ミナミハタンポ(南葉丹宝) ミナミハタンポ2 ミナミハタンポ1 ミナミハタン22ポ ミナミハタンポ握り 前日の釣果の調理例2

ミナミハタンポ(南葉丹宝)は、目が大きく、身体はスピードクジに似た、頂点が下向きの三角形をしたスズキ目ハタンポ科ハタンポ属の海水魚です。 浅瀬に群れで生息し、夜行性なので秋の夜に磯釣りをしているとかかります。 磯で夜釣りしていると、盛んにかかり、周りの釣り人に聞いたら、「骨が多くて、旨くない」とのことで、がっかりしましたが、一応、毒魚ではなさそうなので持ち帰り調理しました。 頭を落として寿司と塩焼きで食べましたが、白身魚で寿司は淡白で上品な味、 塩焼きはスズメダイ(雀鯛)と似た味で美味でした。
ハタンポ属には約20魚種がいますが、その内、 ツマグロハタンポ(褄黒葉丹宝) と似ていますが、 背鰭や尾鰭の端(褄)が黒くないので見分けられます。
一般名:ミナミハタンポ(南葉丹宝)
学名:Pempheris schwenkii
分類名:動物界脊索動物門脊椎動物亜門条鰭綱スズキ目スズキ亜目ハタンポ科ハタンポ属
別名:カタジラー、ワタンポ
分布:千葉以南、小笠原諸島
生息分布:インド洋、太平洋の暖海 環境:岩礁や浅場の岩穴
全長:10〜15cm 体形:左右に側扁 目:著しく大 背鰭:身体のほぼ中央に1基 体表色:茶褐色  産卵期:月

■関連ページ
ミナミハタンポ(南葉丹宝)  城ヶ崎釣り(2011年8月28日)  城ヶ崎釣り(2008年9月14日)  城ヶ崎釣り(2010年10月23日)  城ヶ崎釣り(2010年12月18日)  釣りカレンダー  魚類図鑑  麹町便り  memo 


ミナミハタンポ
「何でワイやの?」

ミナミハタンポ
「恨むで、ほんまに。」

ミナミハタンポ
城ヶ崎海岸で、2010年10月23日


ミナミハタンポ(南葉丹宝)
ミナミハタンポ(南葉丹宝)

ミナミハタンポ
城ヶ崎海岸釣果、2010年12月28日


ミナミハタンポ
ミナミハタンポ
釣果のミナミハタンポ


ミナミハタンポ
ハタンポの塩焼き
焼き綱が無かったので、フライパンで空炒りされた。

ミナミハタンポ
ハタンポ寿司
ご飯粒がこぼれて仕上げが雑だったのを反省
城ヶ崎海岸釣果、2008年9月14日


前日の釣果の調理例2

ハタンポ塩焼き
城ヶ崎釣り釣果、2011年8月28)