サヨリ(細魚、針魚)

【かぎけんWEB】
サヨリとは、ダツ目サヨリ科サヨリ属の海水魚です。
別名:大きいものはカンヌキ(閂)、小さいものはエンピツ(鉛筆)、Halfbeak

釣果-サヨリとサバ 釣果-サヨリとサバ 釣果-サヨリとサバ サヨリ 11 サヨリ12 サヨリ姿造り15 サヨリ刺身16 サヨリ椀17 サヨリ頭18   サヨリ(細魚) サヨリ(細魚) サヨリ(細魚) サヨリ(細魚) サヨリ(細魚) サヨリ唐揚 サヨリ使用前 サヨリ使用後 使用前使用後物語 サヨリ干物 サヨリ干物

サヨリ(細魚、針魚) とは、ダツ目サヨリ科サヨリ属の海水魚です。
同じダツ目のサンマに似て細長くスマートな体形ですが、サンマより細く、 上顎が短く下顎だけが長く突出しています。これは餌となるプランクトンを採食するのに適しています。
活き魚や鮮魚は顎先が赤いです。 お腹(腹腔膜)が黒いのは、身が半透明で消化管に光が透過しやすいため、 食べたプランクトンや海草が光合成して酸素を発生し魚体が水面に 浮かび上がるのを防ぐためと言われます。

食用魚
食用とされる身は半透明で、味は淡白で上品な高級魚です。 早春の産卵前が旬とされます。 お腹は苦味があるのでこそぎ落とします。
調理方法には、刺し身や、寿司、昆布〆、椀天もの、麩羅、塩焼き、一夜干しで食べます。

一般名:サヨリ(細魚、針魚)
学名:Hemiramphus sajori
分類名:動物界脊索動物門脊椎動物亜門条鰭綱ダツ目サヨリ科サヨリ属
別名:大きいものはカンヌキ(閂)、小さいものはエンピツ(鉛筆)、Halfbeak
分布:北西太平洋、北海道〜九州 環境:沿岸の上層 
全長:40cm 体色:青緑(背)、銀白色(腹)、半透明(筋肉) 体形:細長い  特徴:下顎が細長く突出、腹膜が黒い、鮮度の良いものは顎先端が赤い  食性:動物性プランクトン、甲殻類、海藻 社会性:群泳  繁殖:産卵 産卵期:4〜8月 寿命:2年  食用:可 味:旨 身色:白 旬:3〜5月 

■関連ページ
サヨリ(細魚、針魚)  城ケ崎釣り(2016年6月25日)  大分土産(2013年5月6日)  房総半島釣り(2010年5月30日)  城ヶ崎釣り(2012年2月12日)  memo(2012年2月13日)  釣りカレンダー2012  釣りカレンダー  魚図鑑  使用前・使用後物語  使用前・使用後物語−サ行 


●泳ぐサヨリ

泳ぐサヨリ(とサバコ)
泳ぐサバ(とサバコ)
釣果-サヨリとサバ
サヨリ刺身

釣果-サヨリとサバ

釣果のサヨリ
2016年6月25日、城ヶ崎海岸で釣り


●取寄せサヨリ


サヨリ全身 11
サヨリ全身

サヨリ受け口12
サヨリ受け口 プランクトン食に有利な構造

サヨリ姿造り15
サヨリ姿造り

サヨリ刺身16
サヨリ姿造り 角度を変えて

サヨリ椀17
サヨリお椀

サヨリ頭18
サヨリ、寸詰まっちゃいました。お刺身の頭と尻尾です。

サヨリ
三丁目横丁(2014年4月8日)


●釣られサヨリ

 
サヨリ(細魚)
「釣られちゃったね」

サヨリ(細魚)

「うん、困った!」

サヨリ(細魚)
「ワイのお腹は真っ黒や。でも、腹黒い訳やなく光合成を防ぐためや」

サヨリ(細魚)
「お腹を綺麗にされて姿造りにされちゃった」

サヨリ(細魚)
「なにも背骨まで食べんでもエエやないの。一体、どないな歯、しとんのやろ」 by サヨリ

釣られサヨリ
城ヶ崎海岸釣果、2012年2月12日


サヨリ掻き揚げ

サヨリ唐揚、2010年5月30日
房総半島番屋で


●サヨリ姿つくり
使用前・使用後物語
サヨリ姿造り(食前)

綺麗なサヨリの姿造りです。

使用前・使用後物語
サヨリ姿造り(食後)

ずいぶん寸詰まってしまいました。


使用後(食後)

使用前・使用後物語
サヨリ刺し(使用後)

さすがに嘴(くちばし)は固いです。嘴と尻尾のみが残りました。この場合は、 食前に写真を撮らなかったのですが、食後の姿がスゴイので食後だけ撮りました。

サヨリ干物 サヨリ干物 天麩羅
サヨリ一夜干の入った天麩羅盛り合わせ(大分土産)
2013年5月6日