カウアイ島/マウイ島の花

【かぎけんWEB】
2003年8月、カウアイ島/マウイ島(ハワイ州USA)

ブーゲンビリア(Bougainvillea) ブーゲンビリア(Bougainvillea) ブーゲンビリア(Bougainvillea) ブーゲンビリア(Bougainvillea) ブーゲンビリア(Bougainvillea) ブーゲンビリア(Bougainvillea) ブーゲンビリア(Bougainvillea) ブーゲンビリア(Bougainvillea) ブーゲンビリア(Bougainvillea) ハマユウ(浜木綿)

カウアイ島/マウイ島の花(2003年8月) NO2」 には、 ブーゲンビリア(Bougainvillea) や、 ハマユウ(浜木綿) など、マウイ島に咲く熱帯植物の写真と紹介(学名、別名、科目名)があります。

■関連ページ
マウイ島の花(2003年) NO3  カウアイ島/マウイ島の花(2003年8月) NO2  ホノルル空港ガーデンエリアの花(2003年) NO1  花暦2003年  花暦 

● ブーゲンビリア
マウイ島、2003年8月
ブーゲンビリア(Bougainvillea)

ブーゲンビリア(Bougainvillea) は、日本では、5〜10月に咲きますが、南国では一年中咲いている花というイメージの熱帯性低木です。しかし、花のように見えているのは、実際には、苞(ほうと呼ばれるもので、苞が3枚集まったその中心に咲いている小さな白いものが花です。ブーゲンビリア(Bougainvillea) の苞には、葉脈があり、葉の形をしています。苞は肉厚が薄いので、風に吹かれてヒラヒラ舞います。苞色には、赤や白、桃、橙、黄色があり、それらの複色もあります。ブーゲンビリア(Bougainvillea) は、ハワイでは門のアーチに使ったり、生垣等に使われています。

ブーゲンビリア(Bougainvillea)

一般名:ブーゲンビリア(Bougainvillea)
学名:Bougainvillea spp.
別名:イカダカズラ (筏葛)
分類名:オシロイバナ科イカダカズラ属
原産地:南米(ブラジル)

ブーゲンビリア(Bougainvillea)のページ

ブーゲンビリア(Bougainvillea) ブーゲンビリア(Bougainvillea)
ブーゲンビリア(Bougainvillea) ブーゲンビリア(Bougainvillea)
ブーゲンビリア(Bougainvillea) ブーゲンビリア(Bougainvillea)
ブーゲンビリア(Bougainvillea) ブーゲンビリア(Bougainvillea)
● ハマユウ(浜木綿)
マウイ島、2003年8月
ハマユウ(浜木綿)

ハマユウ(浜木綿) は、夏の夕方から、白い花弁が蜘蛛の足のように分かれて咲く半耐寒性球根植物です。 ハマユウ(浜木綿)の葉は、緑色をして、太く長く光沢があります。ハマユウ(浜木綿)は、 スパイダーリリー(=ヒメノカリス=イスメネ) や、 インドハマユウ(印度浜木綿)  と同じ、ヒガンバナ科ヒメノカリス属なので、お互いによく似ています。

ハマユウ(浜木綿)のページ
ハマユウ(浜木綿)

一般名:ハマユウ(浜木綿)
学名:Crinum asiaticum var. japonicum
別名:ハマオモト(浜万年青)、クリナム(Crinum)
科属名:ヒガンバナ科ヒメノカリス属
草丈:100〜150cm 花径:6cm 開花期:6〜9月 花色:白 葉長:70cm 葉幅:10cm 花茎長:80cm