マダケ(真竹)

【かぎけんWEB】
マダケはモウソウチクと同様、食用となるイネ目タケ科マダケ属の大型の竹です。

花図鑑をリニューアルしました。
上記リンクにてアクセスできます。

別名:タケ(竹)、ニガタケ(苦竹)、Japanese Timber Bamboo

マダケ(真竹) マダケ(真竹) マダケ(真竹) マダケ(真竹) マダケ(真竹) メンマ タケノコ寿司(筍寿司)1 タケノコ寿司(筍寿司)2

マダケ(真竹) とは、イネ目タケ科(イネ科)タケ亜科マダケ属の大型の竹です。 成長が早く、地下茎を地面に縦横に張り巡らせながら、空に向かって棹を真っ直ぐに伸ばします。 120年に一度、花を咲かせますが、花が咲いたら枯れ死にします。
若竹は筍として食べられます。 初夏が旬の味覚とされ、取れたてのものは刺身、時間の経ったものは灰汁抜きして筍ご飯や煮物にして食べます。 外皮は薄黒い斑点に覆われています。 他に食用とされる筍の旬は、モウソウチクは3〜4月、ハチクは4〜5月、ネマガリタケは5〜6月、カンチクは10月とされます。
棹は割って、椅子や籠、定規、茶筅、竹馬、一輪挿し、扇の骨、七夕飾りの棹など、道具や工芸品、家具用材となります。 皮は、おむすびや菓子などの食料品を包む包装用に使われます。 葉は、チクヨウ(竹葉)という漢方薬の生薬となり、利尿、解熱剤とされます。

一般名:マダケ(真竹)
学名:Phyllostachys bambusoides
分類名:植物界被子植物門単子葉植物綱イネ目タケ科(イネ科)タケ亜科マダケ属
別名:タケ(竹)、ニガタケ(苦竹)、Japanese Timber Bamboo
原産地:中国からの帰化
草丈:10〜20m 筍収穫時期:5〜6月  開花期:初夏(めったに咲かない) 寿命:120年

■関連ページ
マダケ(真竹)  モウソウチク(孟宗竹)  タケ(竹)  カドマツ(門松)  新宿御苑温室(2001年12月)  マ行の花図鑑  花暦 


マダケ(真竹)

マダケ(真竹) マダケ(真竹) マダケ(真竹)
マダケ(真竹)
赤塚植物園で、2013年3月17日

マダケ マダケ
マダケ(真竹)
新宿御苑温室、2001年12月


タケノコ料理

タケノコ寿司(筍寿司)1 タケノコ寿司(筍寿司)2
マダケ寿司(真竹寿司) 2009年9月24日

メンマ
メンマ 2012年9月30日