ニワザクラ(庭桜)

【かぎけんWEB】
ニワザクラとは、春、桜に似た八重咲きの小花を多数咲かせるバラ目バラ科サクラ属の耐寒性低木です。

花図鑑をリニューアルしました。
上記リンクにてアクセスできます。


ニワザクラ(庭桜) ニワザクラ(庭桜) ニワザクラ(庭桜) ニワザクラ(庭桜) ニワザクラ(庭桜) ニワザクラ(庭桜)


ニワザクラ(庭桜) は、春に、葉が出る前、または同時に、 細い枝に白またはうす桃色の八重桜に似た小花を多数咲かせるバラ目バラ科サクラ属の耐寒性低木です。 ニワウメ(庭梅)と似ていますが、 ニワウメ(庭梅)は一重咲きなので見分けられます。

一般名:ニワザクラ(庭桜)
学名:Prunus glandulosa
分類名:植物界被子植物門双子葉植物綱バラ目バラ科サクラ属
原産地:中国
生活型:耐寒性低木 樹高:150cm  花色:白・薄桃 花径:1.3cm 開花期:3〜4月  花の咲き方:八重咲き

■関連ページ
ニワザクラ(庭桜)  花博#135(2004年4月)  ナ行の花図鑑"  花暦2004年  花暦 


ニワザクラ

ニワザクラ(庭桜) ニワザクラ(庭桜) ニワザクラ(庭桜) ニワザクラ(庭桜) ニワザクラ(庭桜) ニワザクラ(庭桜)
ニワザクラ(庭桜) 白花品種
2004年4月、浜名湖花博で