オニユリ(鬼百合)

【かぎけんWEB】
オニユリは橙色地に濃橙斑のあるユリ目ユリ科ユリ属の球根植物で、球根部は食用のユリネ(百合根)になります。

花図鑑をリニューアルしました。
上記リンクにてアクセスできます。

別名:テンガイユリ(天蓋百合)
鬼百合の花

オニユリ(鬼百合) オニユリ(鬼百合) オニユリ(鬼百合)

百合根

ユリネ茎側(百合根) ユリネ根っこ側(百合根) ユリ根と豚肉炒め

オニユリ(鬼百合) とは、 芳香のある橙色の花を咲かせるユリ目ユリ科ユリ属の耐寒性多年草(球根植物)です。 葉は披針形で、葉腋に黒紫色のムカゴと呼ばれる珠芽が付きます。 ムカゴは豆か小芋のような感じで食用となります。 花は橙色で濃茶色の斑点が多数入り、先端が反り返ります。 オニユリの鱗茎(球根)は大型で、コオニユリ(小鬼百合)とともにユリネ(百合根)として食用となり、 通人に珍重されます。食味は、微かに甘みとでんぷん質があり、厚めの白い花弁を食べているようです。

一般名:オニユリ(鬼百合)
学名:Lilium lancifolium
別名:テンガイユリ(天蓋百合)
科属名:植物界被子植物門単子葉植物綱ユリ目ユリ科ユリ属
原産地:日本 環境:野山
草丈:100〜200cm 葉長:5〜15cm  開花期:7〜8月 花色:橙に黒い斑点 花径:20〜25cm 用途:食用−鱗茎(球根)がユリネ(百合根)

■関連ページ
オニユリ(鬼百合)  百合  7月の花(2001年)  2002年7月  6月の花(2001年)  百合の園芸区分表  高砂百合  オリエンタルハイブリッド  アジアンティックハイブリッド


鬼百合の花

百合(ユリ)
百合(ユリ)
百合(ユリ)

料理にされて命を落とさなかったものは無事開花します。
オニユリ(鬼百合)の花
2001年7月9日、麹町で

百合根

ユリネ(百合根)
ユリ根 表(花茎側)

ユリネ(百合根)
百合根 裏(根っこ側)

ユリ根と豚肉炒め

ユリ根と豚肉炒めもの
2012年1月