リキュウバイ(利休梅)

【かぎけんWEB】
リキュウバイとは、バラ目バラ科ヤナギザクラ属の落葉小高木です。

花図鑑をリニューアルしました。
上記リンクにてアクセスできます。

別名:マルバヤナギ(丸葉柳)

リキュウバイ(利休梅) リキュウバイ(利休梅) リキュウバイ(利休梅) リキュウバイ(利休梅)

リキュウバイ(利休梅) とは、中国原産で、春、白い小花を総状花序に多数つける バラ目バラ科ヤナギザクラ属の落葉小高木です。 花は、ウメ(梅)に似た五弁花です。 花名の由来は、花に派手さはないが上品な雰囲気を醸しだすので茶花として使われたため 茶人「利休」のイメージにあやかったようです。

一般名:リキュウバイ(利休梅)
学名:Exochorda racemosa
別名:マルバヤナギ(丸葉柳)、マルバヤナギザクラ(丸葉柳桜)、バイカシモツケ(梅花下野)
分類名:植物界被子植物門双子葉植物綱バラ目バラ科ヤナギザクラ属
原産地:中国 
生活型:落葉小高木 樹高:3〜4m  葉形:楕円形 葉長:5cm 葉縁:上半分にゆるい鋸歯あり 葉色:緑(葉表)、白(葉裏)  開花期:4〜5月 花径:4cm  花序形:総状花序 花弁色:白 萼片色:白 花の咲き方:一重  花弁数:5枚  用途:庭木、茶花 

■関連ページ
リキュウバイ(利休梅)  麹町から散歩(2012年4月5日)  ラ行の花図鑑  樹木図鑑  果物図鑑 


リキュウバイ


リキュウバイ(利休梅)
リキュウバイ(利休梅)
リキュウバイ(利休梅)
リキュウバイ(利休梅)

リキュウバイ(利休梅)
国立劇場庭で、2012年4月5日