サツキ(皐月)

【かぎけんWEB】
サツキはツツジ目ツツジ科ツツジ属の低木です。

花図鑑をリニューアルしました。
上記リンクにてアクセスできます。

別名:サツキツツジ(皐月躑躅)

サツキ(皐月) サツキ(皐月)'white-spring' サツキ(皐月)'pink-spring' 大盃-サツキ(皐月) 大盃-サツキ(皐月)

サツキ(皐月) は、春に背の低い街路樹として植えられるツツジ目ツツジ科ツツジ属の耐寒性常緑低木です。
同じ枝から複数の花色を咲き分けるものがあり、刈り込みに強いので盆栽や生け垣に使われます。 サツキツツジと呼ばれるように、ツツジと同科同属ですが、  ツツジ(躑躅)  との違いは、新芽が伸び出す時期や、開花期、花の大きさや光沢の有無で判断します。
一般にサツキの咲き始めは、ツツジより幾分遅く、旧暦5月頃に咲き、そのため五月(サツキ)と呼ばれ 小枝が多く出て花や葉が小さいです。 キリシマと同様、江戸時代にツツジから育種された園芸品種で、 その後さらに小輪で多花のクルメツツジ(久留米)や、 大輪で大株のヒラドツツジ(平戸躑躅)、極小輪のミヤマ(深山)、 大輪で赤紫の花を咲かせるオオムラサキ(大紫)  などの品種が育種されました。
シャクナゲ(石楠花)  や、  カルミア(Kalmia)  も同じツツジ科の花です。

一般名:サツキ(皐月)
学名:Rhododendron indicum(ロドデンドロン)
別名:サツキツツジ(皐月躑躅)
分類名:植物界被子植物門双子葉植物綱ビワモドキ亜綱ツツジ目ツツジ科ツツジ属
原産地:日本
樹高:30〜100cm 花径3.5〜5cm 開花期:5〜6月 花色:赤・白・桃・複色  花姿:一重・二重・八重・絞り咲き ・複色の咲き分け

●クルメツツジ・スソゴノイト(久留米 '裾濃の糸')
クルメツツジの紫色系代表品種で中輪で濃紅紫色の花を咲かせます。
開花期:4月下旬〜5月中旬

●ツツジ科の花
サツキ(皐月)  ツツジ(躑躅)  ミツバツツジ(三葉躑躅)  シャクナゲ(石楠花)  アザレア(Azalea)  カルミア(Kalmia) 

■関連ページ
小石川植物園の花樹#1(2007年6月3日) 小石川植物公園(薬用)(2007年6月3日) 


●大盃(おおさかずき)

大盃-サツキ(皐月) 大盃-サツキ(皐月)
サツキ(皐月) 栽培品種:大盃(おおさかずき) 学名:R.i. sweet cv. Ohsakazuki
小石川植物園で、2007年6月3日


●クルメツツジ'(久留米) 'スソゴノイト裾濃の糸'


クルメツツジ・スソゴノイト(久留米'裾濃の糸')

クルメツツジ'(久留米) 'スソゴノイト裾濃の糸'
2004年4月、浜名湖花博


●サツキ(皐月)


サツキ(皐月)
サツキ(皐月)
2003年春、新宿御苑


サツキ(皐月)
サツキ(皐月)