小石川植物園の花樹

【かぎけんWEB】
小石川植物園、2007年6月3日

イヌツゲ(犬柘植) イヌツゲ(犬柘植) オキナワハイネズ(沖縄這杜松)
イヌツゲ(犬柘植)2、オキナワハイネズ(沖縄這杜松)

オキナワハイネズ(沖縄這杜松) オキナワハイネズ(沖縄這杜松) オキナワハイネズ(沖縄這杜松)

オキナワハイネズ(沖縄這杜松)3

カイヅカイブキ カイヅカイブキ カイヅカイブキ
カイヅカイブキ(貝塚伊吹)3

カイヅカイブキ
キャラボク(伽羅木) マメイヌツゲ
カイヅカイブキ(貝塚伊吹)、キャラボク(伽羅木)、マメイヌツゲ

マメイヌツゲ マメイヌツゲ
斑入り柊
マメイヌツゲ2、斑入り柊

ホタルヒバ(蛍檜葉) ホタルヒバ(蛍檜葉) ホタルヒバ(蛍檜葉)
ホタルヒバ(蛍檜葉)3

ゴウダソウ(合田草、ルナリア) ゴウダソウ(アブラナ科) ゴウダソウ
ゴウダソウ(合田草、ルナリア)3

ヒメグルミ(姫胡桃) ヒメグルミ(姫胡桃) ヒメグルミ(姫胡桃)
ヒメグルミ(姫胡桃)


薬草園

カモミール(Chamomile) カモミール(Chamomile) カモミール(Chamomile)
カモミール(Chamomile)3

カモミール(Chamomile) カモミール(Chamomile)
カモミール(Chamomile)2

キミガヨラン キミガヨラン 花菖蒲 セイリュウトウ
キミガヨラン2、花菖蒲 '青竜刀'

ミヤマキリシマ マルバサツキ 駿河万葉
ミヤマキリシマ、マルバサツキ、スルガマンヨウ

鎌倉ヒバ 鎌倉ヒバ ヒヨス
鎌倉ヒバ2、ヒヨス

東京大学大学院理学系研究科付属植物園で2007年6月3日撮影した花と木の写真があります。 尚、「東京大学大学院理学系研究科付属植物園」文京区小石川)は長いので、以後「小石川植物園」と呼びます。

■植物の種類
カモミール(Chamomile)イヌツゲ(犬柘植) や、 オキナワハイネズ(沖縄這杜松) 

■関連ページ
小石川植物園の花樹#1(2007年6月3日)  小石川植物公園の薬草(2007年6月3日)  6月の花(2007年) 


イヌツゲ(犬柘植)

イヌツゲ(犬柘植) は、地面から細い枝を多数出すので、 生垣に使われることの多いモチノキ科の常緑低木です。 6月頃に地味な白い小花をつけ、花後に赤い実となり、冬に黒熟します。
似た名前の木に、ツゲ(柘植)があり、こちらのツゲは本ツゲと呼ばれるツゲ科ツゲ属の木ですが、 材が堅牢なので 高価な「ツゲの櫛」 に使用されます。

一般名:イヌツゲ(犬柘植)
学名:Ilex crenata Thub.
別名:-
分類名:モチノキ科モチノキ属
原産地:日本、朝鮮
樹高:0.5〜5m 開花期:6月 花色:白〜淡黄色 果実径:1cm 葉長:1〜2cm

イヌツゲ(犬柘植) イヌツゲ(犬柘植)


オキナワハイネズ(沖縄這杜松)

オキナワハイネズ(沖縄這杜松) は、沖縄原産、ヒノキ科の常緑針葉樹の低木です。 幹や枝が地面に這うように伸びます。緑色をした細長い葉を多数付けます。盆栽などに用いられます。


オキナワハイネズ(沖縄這杜松)
小石川植物園

一般名:オキナワハイネズ(沖縄這杜松)
学名:Juniperus lutchuensis Koidz.
別名:
分類名:ヒノキ科ビャクシン属
原産地:日本(琉球)
樹高:100cm 果実形:球形 果実径:1cm

オキナワハイネズ(沖縄這杜松) オキナワハイネズ(沖縄這杜松) オキナワハイネズ(沖縄這杜松)


カモミール(Chamomile)

カモミール(Chamomile) は、欧州では万能薬として知られるハーブで、 キク科の耐寒性一年草です。花は生または乾燥させてハーブティーとして飲まれます。 味は、リンゴのような香がして、少し苦味があります。
小菊に似た花は、白い舌状花と、黄色い中央部の筒状花からなります。 時間の経過と共に、周囲の花弁は垂れて、中央の黄色い部分が盛り上がるという性質があります。

一般名:カモミール(Chamomile)
学名:Matricaria recutita
別名:ジャーマン・カモミール(German Chamomile)、カツミレ、カミッレ(和蘭語、Kamille)、 カモマイル、カモミーユ、カミルレ(和蘭語、Kamille)
分類名:キク科カワミドリ属
草丈:30〜60cm 開花期:2〜10月 花色:白 花径:1〜2cm

カモミール(Chamomile) カモミール(Chamomile) カモミール(Chamomile) カモミール(Chamomile) カモミール(Chamomile) カモミール(Chamomile)