シジミバナ(蜆花)

【かぎけんWEB】

花図鑑をリニューアルしました。
上記リンクにてアクセスできます。

別名:エクボバナ(笑窪花)

シジミバナ(蜆花) シジミバナ(蜆花)

シジミバナ(蜆花、学名:Spiraea prunifolia)とは、中国原産で、バラ科シモツケ属の落葉低木です。春、枝に多数の八重の白い小花を咲かせます。シジミバナという花名は、小さな白花が、シジミガイ(蜆貝)の小さな白い剥き身に似ていることから付けられました。 花の中央が窪んでいることからエクボバナ(笑窪花)とも呼ばれます。 春に小さな白花が多数集合して咲く似た花に、同科同属の、 ユキヤナギ(雪柳、学名:Spiraea thunbergii) や、 コデマリ(小手鞠、学名:Spiraea cantoniensis)  があります。

一般名:シジミバナ(蜆花)、学名:Spiraea prunifolia、別名:エクボバナ(笑窪花)、分類名:植物界被子植物真正双子葉類バラ目バラ科シモツケ属、原産地:中国、樹高:100〜200cm、葉序:互生、開花期:4月〜5月、花色:白、花径:1cm、花の咲き方:八重、用途:生け花、庭木。

■関連ページ
シジミバナ(蜆花)  コデマリ(小手毬)  ユキヤナギ(雪柳、学名:Spiraea thunbergii)  新かぎけん花図鑑  サ行の花図鑑  樹木図鑑 


●シジミバナ(蜆花)

シジミバナ(蜆花) シジミバナ(蜆花)
シジミバナ(蜆花)
2010年5月29日