トチノキ(栃の木)

【かぎけんWEB】
トチノキとは、トチノキ科トチノキ属の落葉高木です。

花図鑑をリニューアルしました。
上記リンクにてアクセスできます。


栃木 トチノキ(栃木) トチノキ(栃木) トチノキ(栃木) トチノキ(栃の木)

トチノキ(栃の木) とは、初夏、枝の先端に白い円錐花序の花穂を直立して咲かせるトチノキ科トチノキ属の落葉高木です。
樹皮は黒褐色で表面が剥離し波打っています。
幹や花、葉は大きいです。
花穂は小さな雄花と両性花が混じって咲きます。白い4弁花の基部に淡紅色の斑紋があります。
長い7本の雄ずいが、花外に突き出ています。
葉は掌状複葉をしています。 花は蜂蜜の原料となり、果実は栗の実に似ており澱粉が多く餅や団子にして食られます。
材は臼や家具とされます。栃木県の県木になっています。

トチノキの仲間
この白花を咲かせるトチノキ(栃の木)や、 白花を咲かせるマロニエという仏語名で知られるセイヨウトチノキ(西洋栃の木、学名:Aesculus hippocastanum)、
北米産のアカバナトチノキ(赤花栃の木)、 紅色の花を咲かせる  ベニバナトチノキ(紅花栃の木)  があります。

ベニバナトチノキは、セイヨウトチノキ(西洋栃の木)とアカバナトチノキ(赤花栃の木)を交配して作られた園芸品種です。

一般名:トチノキ(花栃の木、橡の木)
学名:Aesculus turbinata
別名:クリトチ(栗栃)
分類名:トチノキ科トチノキ属
生息分布:北海道〜九州の日本
樹高:20〜35m 樹径:〜4m 樹皮色:黒褐色 樹皮表面:大きく剥離し波状模様 
葉形:5〜9の小葉からなる掌状複葉 葉身:13〜30cm 
開花期:5〜6月 花色:白〜薄赤色 花序長:15〜25cm 
成実期:10月 果実形:栗形 果実径:3〜5cm 果実色:褐色 

●関連ページ
トチノキ(栃の木)  城ヶ崎釣り(2009年7月19日)  八方(2014年1月11日)  筑波実験植物園(2009年5月2日)  タ行の花図鑑  花図鑑  樹木図鑑  果実・果物図鑑  野菜図鑑  花暦  花暦2009年  麹町便り  memo 


トチノキの木
栃木
トチノキの木
諏訪湖サービスエリアで、2014年1月11日
トチノキの実

トチノキ(栃木)
トチノキ(栃木)
トチノキ(栃木)

トチノキ(栃木)の実
栗の実そっくりです。
筑波実験植物園で、2009年5月2日

トチノキ(栃の木)
トチノキ(栃の木)の果実
深大寺植物園、2016年6月5日