ダイオウグソクムシ(大王具足虫)

【かぎけんWEB】
ダイオウグソクムシとは、等脚目ウオノエ亜目スナホリムシ科オオグソクムシ属ダイオウグソクムシ種の海生甲殻類です。
別名:Giant Isopod

ダイオウグソクムシ(大王具足虫) ダイオウグソクムシ(大王具足虫)

ダイオウグソクムシ(大王具足虫)とは、鯛などの口や鰓等に吸い付く小型の等脚目ウオノエ亜目スナホリムシ科オオグソクムシ属ダイオウグソクムシ種の海生甲殻類で世界最大の等脚類といわれます。
日本のグソクムシが15cm程であり、ダイオウグソクムシは40cm程にもなるので巨大さが分かります。

一般名:ダイオウグソクムシ(大王具足虫)
学名:Bathynomus giganteus
別名:Giant Isopod
分類名:動物界節足動物門甲殻亜門軟甲網等脚目ウオノエ亜目スナホリムシ科オオグソクムシ属ダイオウグソクムシ種
生息分類:西大西洋、メキシコ湾 生活環境:深海の海底泥地
体長:40cm 体重:1Kg 
触角:2対 歩脚:7対 
食性:深海底に沈んだ死骸や弱った生物

■関連ページ
ダイオウグソクムシ(大王具足虫)  節足動物図鑑  シンガポール水族館(2011年5月2日)  無脊椎動物図鑑  蟹一覧  旬図鑑 

ダイオウグソクムシ(大王具足虫) ダイオウグソクムシ(大王具足虫)
ダイオウグソクムシ(大王具足虫)
シンガポール水族館(2011年5月2日)