ワイメアの花#2
Waimea Valley Audubon Center#2

【かぎけんWEB】
Waimea Valley Audubon Center、2005年8月8日

ハイビスカス 'ミセス ジェームス ヘンドリー' ホウオウボク(鳳凰木) ホウオウボク(鳳凰木) リップスティックツリー(ベニノキ)

アンスリウム(Anthurium)
アンスリウム
(Anthurium)
アンスリウム(Anthurium)
アンスリウム
(Anthurium)
アンスリウム(Anthurium)
アンスリウム
(Anthurium)
クラウン・フラワー(Crown flower)
クラウン・フラワー
(Crown flower)
ワイメアの花#2
ヒビスクス・
アーノッティアヌス
(Hibiscus arnottianus)
ワイメアの花#2
ヒビスクス・
アーノッティアヌス
(Hibiscus arnottianus)
ワイメアの花#2
アンスリウム
(Anthurium)
ワイメアの花#2
アンスリウム
(Anthurium)
キバナノオオゴチョウ
キバナノオオゴチョウ
(黄花の黄胡蝶)
イリマ
イリマ
(Ilima)
イリマ
イリマ
(Ilima)

「ワイメア・オージュボンセンター(WAIMEA VALLEY Audubon center)」− ハワイ州オアフ島にある植物園で、2005年8月に撮った花達(その2)です。

●登場する花
アンスリウム(Anthurium) ヒビスクス・アーノッティアヌス(Hibiscus arnottianus)イリマ(Ilima) キバナノオオゴチョウ(黄花の黄胡蝶)  ホウオウボク(鳳凰木)

■関連ページ
ワイメアの花#1  ワイメアの花#2  ワイメアの花#3  ワイメアの花#4  ア行の花図鑑  カ行の花図鑑 


●アンスリウム(Anthurium)
ワイメアの花#2
アンスリウム
(Anthurium) 桃色花品種
アンスリウム(Anthurium)
アンスリウム
(Anthurium) 桃色花品種

アンスリウム(Anthurium)

ワイメアの花#2
アンスリウム
(Anthurium) 桃色花品種
ワイメアの花#2
アンスリウム
(Anthurium) 桃色花品種
ワイメアの花#2
アンスリウム
(Anthurium) 桃色花品種
ワイメアの花#2
アンスリウム
(Anthurium) 桃色花品種
アンスリウム(Anthurium)は、非耐寒性多年草です。造花のように見えますが、生花です。 葉の形が科名のサトイモに似ています。花色は、赤や桃、白、緑、茶色がありますが、これは本当は花ではなく、 ぶっぽうえん(仏炎苞)と呼ばれるものです。苞の感じは、カラー(Calla) や 、 スパティフィラム(Spathiphyllum)  に似ています。

アンスリウム(Anthurium)のページ

一般名:アンスリウム(Anthurium)
学名:Anthurium andraeanum(アンスリウム・アンドレアナム)
別名:オオベニウチワ(大紅団扇)、アンスリューム
分類名:サトイモ科アンスリウム属(ベニウチワ属)
原産地:コロンビア、エクアドル
草丈:30〜50cm 開花期:周年(不定期) 花色:赤・桃・白・茶・緑 花径:5〜20cm

●ヒビスクス・アーノッティアヌス(Hibiscus arnottianus)
ヒビスクス・アーノッティアヌス(Hibiscus arnottianus)
ヒビスクス・
アーノッティアヌス(Hibiscus arnottianus)
ワイメアの花#2
ヒビスクス・
アーノッティアヌス(Hibiscus arnottianus)

ヒビスクス・アーノッティアヌス
(Hibiscus arnottianus)のページ

ヒビスクス・アーノッティアヌス(Hibiscus arnottianus)は、オアフ島原産のホワイト・ハイビスカスの低高木です。 白く細長い五弁花に、長く赤い花柱があり、芳香があり、枝に多数付きます。今日多数育種されている園芸種の  ハイビスカス  の交配親の一つとしても知られています。

フヨウ(芙蓉)の仲間: タチアオイ(立葵)フウリンブッソウゲ(風鈴仏桑花)ヒビスクス・アルノッティアヌスフヨウ(芙蓉)アメリカフヨウ(アメリカ芙蓉)

一般名:ヒビスクス・アーノッティアヌス(Hibiscus arnottianus)
学名: Hibiscus arnottianus(ヒビスクス・アーノッティアヌス)
別名:Hawaiian WhiteHibiscus(ハワイアン・ホワイト・ハイビスカス)、ヒビスクス・アルノッティアヌス
ハワイ名:コキオ・ケオ・ケオ(Koki'o Ke'o Ke'o)、Koki'o kea(コキオ・ケア)、 Hau Hele(ハウ・ヘレ)
分類名:アオイ科フヨウ属(Malvaceae)
原産地:オアフ島(ハワイ州、米国)
樹高:8〜10m 花冠長:4〜7cm 花長:5〜7cm
●イリマ(Ilima)
イリマ(Ilima)
イリマ(Ilima)
イリマ(Ilima)
イリマ(Ilima)
イリマ(Ilima)は、黄色い小花を咲かせ、丸い明るい黄緑色の葉を持つ常緑小低木です。 花色は時間とともに変化し、黄色→黄金色→橙色→赤になります。 ハワイ諸島では、各島に花と色が当てられますが、この黄色いイルマはオアフの島花となっており、レイにも使われます。 レイにはそれぞれ意味が込められていますが、イルマのレイには「あなたを誇りに思う」という意味が込められているとのことです。

イリマ(Ilima)のページ

一般名:イリマ(Ilima)
学名:Sida fallax
別名:Yellow ilima(イエロー イリマ)
ハワイ名:イリマ(Ilima)、イリマ・パパ(Ilima Papa)
分類名:アオイ科キンゴジカ属
原産地:ハワイ諸島
樹高:1〜3m 花冠長:3cm
●キバナノオオゴチョウ(黄花の黄胡蝶)
キバナノオオゴチョウ
キバナノオオゴチョウ
(黄花の黄胡蝶)
キバナノオオゴチョウ
キバナノオオゴチョウ
(黄花の黄胡蝶)
キバナノオオゴチョウ(黄花の黄胡蝶)は、蝶形の鮮やかな朱赤色の花を咲かせる熱帯性小低木のオオゴチョウの黄色花品種です。 葉は二回羽状複葉で、合歓の木の葉に似ています。花後に、莢ができます。 英名でYellow Pride of Barbados(イエロー・プライド・オブ・バルバドス)と呼ばれるように、 この花は中米カリブ海に位置するバルバドスという国の国花です。 一般名:キバナノオオゴチョウ(黄花の黄胡蝶)
学名:Caesalpinia pulcherrima
英名:Yellow Pride of Barbados
分類名:マメ科ジャケツイバラ属
原産地:バルバドス(中米カリブ海)、西インド諸島
開花期:周年(8〜10月) 樹高:2〜3m 花冠:4〜6cm

キバナノオオゴチョウ(黄花の黄胡蝶)のページ