エノキタケ(榎茸)

【かぎけんWEB】
エノキタケとは、ハラタケ目キシメジ科エノキタケ属のキノコです。
別名:エノキダケ(榎茸)、ナメタケ

エノキダケ エノキダケ エノキタケ(榎茸)とトウフ(豆腐) エノキタケ(榎茸) エノキ茸 エノキ茸と牡蠣 エノキ茸の味噌汁

エノキタケ(榎茸)は、ハラタケ目キシメジ科エノキタケ属の食用となるキノコです。 通常はスーパーなどで、栽培品種が一年中出回っています。 色は全体に白っぽく、形状は頭部が笠状で、軸が縦長くモヤシ状をしています。 鍋野菜、ソティ、味噌汁、味付けして瓶詰めにされたものが商品化されています。
一方、野生種は、あまり出回っておらず、褐色で軸が太く短く丈夫です。
寒さに強く雪中でも生える、木材から栄養を摂取する「木材腐朽菌」、 生のエノキタケには蛋白質「フラムトキシン」が含まれており、強心作用や、 O型赤血球を破壊する溶血作用 があるので、必ず加熱して食べること。加熱するとフラムトキシンは分解する。 

一般名:エノキタケ(榎茸)
学名:Flammulina velutipes
別名:エノキダケ(榎茸)、ナメタケ
分類名:菌界担子菌門真正担子菌綱ハラタケ目キシメジ科エノキタケ属
生息地:日本全国 環境:エノキ(榎)などの広葉樹の枯れ木や切り株
軸長:10cm 軸:中空で、栽培種は縦長くモヤシ状、野生種の軸は短く丈夫  形状:頭部は笠状です。 色:全体に白っぽい(栽培品種)、褐色(野生種)  収穫期:一年中(栽培品種)  食用の可否:可  調理方法:鍋野菜、ソティ、味噌汁、瓶詰め  備考:寒さに強く雪中でも生える、木材から栄養を摂取する「木材腐朽菌」、 生のエノキタケには蛋白質「フラムトキシン」が含まれており、強心作用や、 O型赤血球を破壊する溶血作用 があるので、必ず加熱して食べること。加熱するとフラムトキシンは分解する。 

■関連ページ
エノキタケ(榎茸)  memo(2012年7月3日)  農産物図鑑 


朝食

エノキダケ エノキダケ
エノキタケ(榎茸)
2014年2月23日


エノキタケ(榎茸)
エノキタケ(榎茸)

エノキタケ(榎茸)とトウフ(豆腐)

エノキタケ(榎茸)
2012年7月3日

エノキ茸
エノキ茸

エノキ茸と牡蠣
エノキ茸と牡蠣、2015年11月3日(文化の日)

エノキ茸の味噌汁
エノキタケ味噌汁
2016年9月24日