セリ(芹)

【かぎけんWEB】
セリとはセリ目セリ科セリ属の多年草の野菜です。
別名:ミズゼリ(水芹)、タゼリ(田芹)、オカゼリ(丘芹)、シロネグサ(白根草)

セリ(芹) セリ(芹) タゼリ 春の七草5

セリ(芹) とは、春の七草の一つとされるセリ目セリ科セリ属の湿地性多年草です。
日本全国の田んぼや畦道などに生え、 生えている場所によりミズゼリ(水芹)、タゼリ(田芹)、オカゼリ(丘芹)と呼ばれます。


草丈は30〜60cmで横に這います。 茎には稜があります。  葉は薄緑色で葉質は柔らかく独特の匂いがあります。 葉は2回羽状複葉で小葉は菱形をしています。
花は夏に開花します。花茎先端に傘状花序を伸ばし極小の白い五弁花をつけます。
用途は葉茎を葉野菜に使います。

猛毒のドクセリ(毒芹)と似ているので要注意です。

一般名:セリ(芹)
学名:Oenanthe javanica
分類名:植物界被子植物門双子葉植物綱セリ目セリ科セリ属
別名:シロネグサ(白根草)
環境:水田、畦道、田んぼ
生息分布:日本全国 
生活型:湿地性多年草
草丈:30〜60cm 草姿:横に這う 
茎形:稜がある 
葉色:薄緑 葉質:柔らかい 小葉形:菱形 葉の付き方:2回羽状複葉 
開花期:7〜8月 花序形:傘状花序 小花形:極小の五弁花 小花色:白
用途:葉茎を野菜に
特徴:独特の香り、食用、春の七草
備考:生えている場所によりミズゼリ(水芹)、タゼリ(田芹)、オカゼリ(丘芹)と呼ぶ。

■関連ページ
セリ(芹)  春の七草  野菜図鑑  使用前・使用後物語  麹町便り  memo 


栽培種

セリ(芹)
セリ(芹)
2009年1月7日


セリ(芹)
セリ(芹)
セリ(芹)
2008年12月31日


自生種

タゼリ
2013年5月19日