ベルツノガエル(Bell角蛙)

【かぎけんWEB】
ベルツノガエルとは、無尾目ユビナガガエル科ツノガエル属ベルツノガエル種のカエルです。
別名:Argentine horned frog

ベルツノガエル(アルビノ) ベルツノガエル ベルツノガエル

ベルツノガエル(Bell角蛙) とは、アルゼンチンのパンパに生息する両生類の無尾目ユビナガガエル科ツノガエル属ベルツノガエル種のカエルです。
泳げないのでパンパでは湿地帯の陸上に住んでいます。

特徴と生態
ツノガエルの仲間なので、目の上に小さな角状突起があります。
体長12cm、体重150g程で、体表色は緑色地に赤や黒い斑点がありますが、 アルビノは薄黄に茶色い斑があります。
あまり動かず、食べ物はミミズや昆虫、両生類、ネズミなどの小型哺乳類等を待ち伏せして、 獲物が目の前に来たら大きな口で捕獲します。
繁殖は卵生で行い、雨季、水溜りに1000個ほどの卵を産みます。

●名前の由来
アルゼンチンに生息するツノガエル(角蛙)ということで、英名では、Argentine horned frog と呼ばれます。 ベルツノガエルという名前のベル(Bell)とは、本種を新種として登録した動物学者トーマス・ベル氏の名前に因みます。

一般名:ベルツノガエル(Bell角蛙)
学名:Ceratophrys ornata
分類名:動物界脊索動物門脊椎動物亜門両生綱無尾目カエル亜目ユビナガガエル科ツノガエル属ベルツノガエル種
別名:Argentine horned frog
生息分布:アルゼンチンなど 環境:パンパの湿地帯の陸上
体長:12cm 体重:150g  体表色:緑色地に赤や黒い斑点、アルビノは薄黄に茶斑
食べ物:ミミズ、昆虫、両生類、ネズミなどの小型哺乳類等を貪欲に捕食する動物食性  繁殖形態:卵生 産卵期:雨季 産卵場所:水溜り 一度に雌が産む卵数:〜1000個  備考:大きな口、目の上の角状突起、あまり動かない、餌が来るのを待ちぶせ、泳げない

■関連ページ
ベルツノガエル  登別マリンパークニクス(2016年10月10日)  東京タワー水族館(2010年9月12日)  東山動物園の両生類(2009年10月25日)  両生類図鑑 


ベルツノガエル 9月


ベルツノガエル(アルビノ)

「置物やあらへんで、ワイは生身の蛙や」
一日中殆ど動かず、目の前に来る獲物をひたすら待ち伏せして、
大きな口でぺろり。そんな生態は、あの方 と似てるような。
ベルツノガエルのアルビノ(学名:Ceratophrys ornata var.)
東京タワー水族館で、2010年9月12日


ベルツノガエル 10月


ベルツノガエル

緑色地に黒斑のある典型的なベルツノガエル
陸上の湿地帯で周囲の草や小石に擬態しています。
東山動物園の両生類館で、2009年10月25日

ベルツノガエル
ベルツノガエル
登別マリンパークニクス、2016年10月10日